1. ナイジャ・ヒューストンと堀米雄斗がオリンピック前哨戦で激突。 CHIMERA A-SIDE THE FINAL

ナイジャ・ヒューストンと堀米雄斗がオリンピック前哨戦で激突。 CHIMERA A-SIDE THE FINAL

ナイジャ・ヒューストンと堀米雄斗がオリンピック前哨戦で激突。 CHIMERA A-SIDE THE FINAL

堀米がそのまま優勝するかと思いきや…

堀米雄斗。ノーリーF/S270 リップスライド

それはどういうことかというと、翌日の決勝1本目でランで堀米雄斗はハンドレールでノーリー B/S270 スイッチリップスライドをメイクするノーミスのパーフェクトランを披露して87点を獲得しトップに躍り出ました。前日MPルーティーンを中心に取り組んでい効果でしょう。対してナイジャは1本目のラストトリックでバンクからのギャップ to レールでのキックフリップ B/Sリップスライドをミスしてしまい、出遅れる形となってしまいました。

>>勝ち方を知っていたナイジャ・ヒューストン

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>