1. ナイジャ・ヒューストンと堀米雄斗がオリンピック前哨戦で激突。 CHIMERA A-SIDE THE FINAL

ナイジャ・ヒューストンと堀米雄斗がオリンピック前哨戦で激突。 CHIMERA A-SIDE THE FINAL

ナイジャ・ヒューストンと堀米雄斗がオリンピック前哨戦で激突。 CHIMERA A-SIDE THE FINAL

あまりに豪華なオリンピック前哨戦

1月25・26日と愛知県国際展示場 Aichi Sky Expoにてエクストリームスポーツの王者を決めるCHIMERA A-SIDE THE FINALが開催されました。

こちらは昨年行われた豪華海外招待スケーターも参加した、オリンピックイヤーの幕開けを飾る世界的ビッグコンテストとなっていて、優勝賞金はなんと1000万円。メダルの行方を占う上でも非常に重要な一戦となりました。

それもそのはず。来日したライダーは2010年代からコンテストで無類の強さを誇る、絶対王者のナイジャ・ヒューストンに、2017年のThrasherマガジンのスケーター・オブ・ザ・イヤーに輝いたジェイミー・フォイ、Grizzly GriptapeやThank you skate coといったブランドを手がける人気者のトリー・パドウィルなどそうそうたるメンツが集結。

そしてそれらを迎え撃つ日本勢も現時点で最強と言えるメンバーです。今や世界最高峰のライダーの1人で、国内開催のコンテストは2016年以来の出場となる堀米雄斗を始め、Soraグラインドと呼ばれるトリックを持つオリジナリティの塊である白井空良、昨年のWORLD SKATE JAPANやAJSAの年間チャンピオンに輝いた青木勇貴斗などが一同に会すのだから、オリンピックの出場ポイントが獲得できるコンテストではないとはいえ、注目が集まらないわけはありません。

それゆえオリンピック本番のSTREET LEAGUE方と式若干ルールが異なり、2本のランと3本のベストトリックのうちベストスコアの1本ずつが採用される形式で、それぞれ100点ずつあるので合計200点満点で争われます。STREET LEAGUE方式との一番の違いは、ランとベストトリックで必ず1本ずつ採用されるので、一発大逆転が起きにくく、ランでも安定した滑りが求められるという点です。

白井空良。F/S180 スイッチB/S50-50グラインド
>>心理戦の様相を呈していた初日の予選

この記事のライター/カメラマン

広告掲載についてはこちら >>