1. ナイジャ・ヒューストンと堀米雄斗がオリンピック前哨戦で激突。 CHIMERA A-SIDE THE FINAL

ナイジャ・ヒューストンと堀米雄斗がオリンピック前哨戦で激突。 CHIMERA A-SIDE THE FINAL

ナイジャ・ヒューストンと堀米雄斗がオリンピック前哨戦で激突。 CHIMERA A-SIDE THE FINAL

堀米のさらなる進化に期待

コンテスト後のインタビューで、堀米はニュートリックを出したかったことと、ナイジャとの差はそこまでないという話をしていましたが、それが今回のCHIMERA A-SIDE THE FINALや、決勝で8位に終わってしまった2018年のStreet League World Championship Super Crown Finalのような持ち技が出しにくいセクションがメインだとしたらどうなのでしょう。

もしかしたらオリンピックの金メダルはセクション構成に左右されるのではないだろうかとすら思ってしまいます。しかし、日本人としてはセクションへの対応力をつける練習も重ねていくと話してくれた堀米のさらなる進化の方に期待したいところです。

>>Result

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>