1. スケボー 乗り方・曲がり方・止まり方など基本動作を解説!

スケボー 乗り方・曲がり方・止まり方など基本動作を解説!

スケボー 乗り方・曲がり方・止まり方など基本動作を解説!

目次

スケートボードを手にしたら早速練習していきましょう!
まずは、基本動作である「乗る・スタンス・進む・曲がる・止まる・降りる」までの一連の動作を1つずつ丁寧に説明していきます。

乗る

まずはボードに乗るところからスタートです。デッキの横に立って、進行方向に対してつま先を向けて前足をビスの上に乗せます。次に後ろ足をテールのビスの上に乗せます。この時、後ろ足を地面から離すと、重心が前足にかかりますが、慌てて重心を前後にずらしてしまうと転んでしまう可能性がありますので、落ちついて後ろ足を乗せましょう。そうすると重心が前足から中心に戻るので、安定します。

最後に、進行方向へ向けていた前足を横向きにすると最も安定した姿勢になります。重心が常にデッキの中央にくるように意識することが大切です。この感覚をつかむために、平地でこの安定した状態を維持する練習をしてみてください。

スタンス

スケートボード・スノーボード・サーフィンのように横乗り系のスポーツには「スタンス」と呼ばれる体の向きがあります。基本となるスタンスは2種類です。

(1)レギュラースタンス:左足が前に来るスタイル
(2)グーフィースタンス:右足が前に来るスタイル

人間の利き手と同じように、スタンスにも人それぞれ得意・自然な方があります。一般的には利き足が右足の場合、スタンスはレギュラースタンスという傾向がありますが、どちらも試してみて自分に合う方を選びましょう。特に、今後トリックを練習していくにはスタンスは固定した方が練習しやすいですが、乗ることを楽しむ人はどちらのスタンスでも乗れるようになるとよりスケートボードを楽しむことができますよ。

進む

自分に合ったスタンスがわかって安定した姿勢でボードに乗ることができたら、次はいよいよ進んでみましょう。乗る時と同様に、前足を進行方向につま先を向けてビスに乗せます。この時、後ろ足は地面につけた状態で、重心は前足にかかった状態になります。そして後ろ足で地面をまっすぐ後ろに蹴り出してみましょう。自然に前に進むはずです。

この時に初心者が注意することは2つあります。1つ目は、後ろ足で地面を強く蹴りすぎないことです。まずは軽く蹴りだすことでどのくらいスピードがでるのかを体の感覚で掴むのと同時に、強く蹴りすぎてスピードが出過ぎないようにしましょう。特に最初はスピードのコントロールがしにくく、周囲のものや人にぶつかったり、自身が転倒することも考えられるので、ゆっくり蹴ってスピードに慣れてください。2つ目は、重心の位置です。

「乗る」の段階で重心を中心に持ってくるように意識することは説明しましたが、実際に進んでみると、重心を保つのが難しくなります。後方や前方に重心を傾けすぎると、転倒する危険が高くなります。ベストのポジションは、前足の方にやや比重が高い状態です。

蹴り出した後の後ろ足は、そのままデッキのテールのビス上にゆっくり乗せます。両足がデッキに乗った後は、「乗る」で練習したように両足をそのまま横向きの安定したポジションへと移動させます。

次へ >> 曲がる

おすすめ記事