1. スケートボードで知りたい!ソフトウィールの交換方法を解説

スケートボードで知りたい!ソフトウィールの交換方法を解説

スケートボードで知りたい!ソフトウィールの交換方法を解説

目次

スケートボードのウィールはスケボーのパーツのなかでも、乗り心地をダイレクトに伝える重要な部分です。交換を怠ると乗っていて違和感を感じストレスとなります。ウィールの交換はそんなに難しく手間のかかるものでもありません。まだ自分でウィールを交換したことない人でも簡単にできます。

ここでは、すでにソフトウィールを使っていて、劣化したのでそろそろ交換しようと思う方や、スケートボードのウィールの種類をソフトウィールに交換する方のために、ソフトウィールの交換方法を解説いたします。

ソフトウィールの特徴

スケボーのウィールは、トリックに有利なハードウィールとクルーザー向けのソフトウィールがあります。

名前の通り、ハードウィールは硬くソフトウィールは柔らかいのが特徴ですが、その基準となる数値は「A」で表示されています。Aに付く数値が高ければ高いほど硬く、低ければ柔らかいという見方でOKです。
ハードウィールが99A以上なのに対し、ソフトウィールなら80Aくらいが一般的です。自分のスケボースタイルでハードウィールかソフトウィールかを選ぶと良いでしょう。しかし、スケートボーダーの中にはハードウィールからあえてソフトウィールに変える人も多くいます。

ソフトウィールが選ばれる理由

では、なぜあえてソフトウィールに変更するのか。最大の理由は「静かになる」からでしょう。

海外では一般歩道をスケボーで走ったり、家の周りで練習するのは日常的な光景ですが、日本ではまだまだスケボーができる場所が限られています。ぶつかって危険!と言う人もいますが、さらに言われているのがウィールの音です。住宅街ではスケボーのガラガラとした音が近所迷惑になることがあります。ハードウィールは硬くてアスファルトや小石の衝撃を強く受けて吸収しにくいので、ガラガラ音が大きいのが特徴です。しかし、スケボーのウィールをソフトウィールに交換してみると、ハードウィールにあったガラガラ音が抑えられます。実際に、ソフトウィールを使っている友人の滑走音とハードウィールを使っているスケボーの滑走音を比べてみると、その違いは驚くほどです。こういった理由で、トリックを中心に練習するスケートボーダーにも、やや小さめのサイズのソフトウィールが選ばれているのです。

ソフトウィール交換に必要なもの

ウィール交換に必要な道具は簡単に揃えられます。

ウィール交換とベアリング交換(メンテナンス)を同時に行うと一石二鳥なので、新しいベアリングかベアリング用の洗浄液とオイルを用意しておくと良いでしょう。

  • 新しいソフトウィール
  • Tレンチ
  • 手袋

ウィールの交換自体はこれだけあれば充分です。
Tレンチはスケートボード用のものを用意しておきましょう。

ソフトウィールの交換手順

ソフトウィールを交換する際は、部品の紛失に充分注意しましょう。

はじめて交換する方でも、一回で手順を覚えられるほど簡単ですよ。

  1. ウィールを外す
  2. ベアリングを外す
  3. 新しいウィールにベアリングを付ける
  4. 新しいウィールを取り付ける

基本的にたったの4手順で交換は完了!

交換手順①ウィールを外す

Tレンチを使って、シャフトからウィールを外します。

固定されているナットをTレンチで緩めていきます。

  1. ナット
  2. ワッシャー
  3. ウィール
  4. ワッシャー

の順に固定されています。

ナットとワッシャー、そしてベアリングの入ったウィールが取り外せたら、部品を無くさないように保管しておきましょう。

交換手順②ベアリングを取り出す

次に、ウィールに付いているベアリングを取り外します。

ウィールをシャフトに引っ掛けて斜め横に傾ければ取り外せます。やや力がいりますが、力を加えすぎたり横に倒し過ぎたりするとベアリングが破損してしまうので気を付けましょう。慣れれば簡単に取り外せるようになるはずです。ウィールの両側も忘れずに、全部で8つのベアリングを取り出していきます。ベアリングのメンテナンスを行う場合はここで行っておきましょう。

交換手順③新しいウィールを取り付けていく

全ベアリングが取り出せたら、新しいウィールにベアリングを取り付けていきます。
シャフトにベアリングを通します。裏表があるベアリングは取り付ける向きを間違えないように注意しましょう。ベアリングの上から新しいソフトウィールを押せえこんで取り付けます。完全に中に入るまでしっかりと上から埋め込みましょう。一度ウィールをシャフトから取り出して、反対側も同じような手順でベアリングを埋め込みます。

交換手順④ウィールを固定する

4つのウィールにベアリングがついたら、シャフトにウィールを固定していきます。

  1. ワッシャー
  2. ウィール
  3. ワッシャー
  4. ナット

の順でシャフトに通したら、Tレンチでナットを締めていきます。

ナットは強く締め就けると回転が悪くなるので、少しあそびが出る程度で大丈夫です。これでウィールの交換は完了です!ベアリングを外す際など少しコツがいりますが、とてもシンプルですよね。

次へ>>ソフトウィールの交換頻度

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事