1. スケボー ターンとは?やり方や練習方法、コツなど解説!

スケボー ターンとは?やり方や練習方法、コツなど解説!

スケボー ターンとは?やり方や練習方法、コツなど解説!

スケートボードを始めたら、最初のうちに覚えたいテクニックがあります。それはターンです。初級の動作、基礎の動作として知られるターンですが、仕組みややり方はしっかりと理解できていますか?すでにターンを習得したという方も、これから習得するという方も、この機会にターンについて詳しくなりましょう。

ターンとは、どんなテクニック?

スケートボードを始めたら、まずはプッシュを習得し、走行しながらボードの感覚に慣れていきます。そして止まり方まで習得できたら、スケーティングの第1歩となる「曲がり方」の練習を始めていきます。

この「曲がり方」というのがターンのことです。ターンとは、体の重心を使って左右に弧を描くようにして曲がるテクニックのことで、トリックの中でも初級・基礎の動作として知られています。プッシュと組み合わせることができるようになると、街中での滑走感を楽しむクルージングもできるようになります。

ターンの仕組み

ターンは「体の重心を使って曲がるテクニック」とお伝えしましたが、どんな仕組みでターンができるのか見ていきます。

【仕組み】

デッキとウィールを繋ぐトラックというパーツがあります。トラックはクッションの役割を持ち、体重によるデッキへの負荷を吸収しながらデッキを自然と傾かせることができます。つまり、デッキの傾きによりデッキとウィールの距離を短くすることができるため曲がることができるのです。

こういった仕組みがスケートボードそのものにありますが、移動したい方向に重心を傾かせることで自由に曲がることができます。

ターンの種類

ターンには、「バックサイドターン」と「フロントサイドターン」の2種類があります。まずそれぞれのターンの特徴を見ていきます。

バックサイドターン

お腹側に回るターンのことです。上半身を丸め込むようにしながら、つま先に重心を乗せることで曲がることができます。

視界が良好なため、フロントサイドターンに比べると練習がしやすく簡単なターンと言われています。まずはこの、バックサイドターンをマスターします。

フロントサイドターン

背中側に曲がるターンのことです。上半身を開いた姿勢にしながら、かかとに重心をかけることで曲がることができます。

しかし後ろ側の視界を確認しづらいため、恐怖心を抱きやすいことがあります。バックサイドターンを習得してから練習するようにします。

ターンのやり方/練習方法

まずは「バックサイドターン」と「フロントサイドターン」ともに共通する、やり方/練習方法をご紹介していきます。

1.スタンスは基本のポジションを取ります。

 ノーズ側の足はトラックより手前に、テール側の足はトラックの上かやや後ろに置きます。

2.ある程度のスピードをつけたスケーティングから始めます。

3.曲がりたい方向に顔と肩(上半身)を向けます。

4.ゆっくりと重心を移動させると、ターンができます。

5.曲がる感覚が掴めてきたら、リズムよく踏み込みスピードをつけてみます。

6.ボードをコントロールする足先の感覚を覚えていきます。

最初は、ゆっくりと重心を移動させて曲がる感覚を覚えていきます。

次は「バックサイドターン」と「フロントサイドターン」、それぞれの練習方法/やり方を詳しく見ていきます。

バックサイドターン

1.ある程度のスピードをつけてスケーティングを開始します。

2.重心を前に移動させ、つま先を踏み込んでいきます。

3.体を被せるようにして前傾姿勢になります。

4.膝の屈伸を柔らかく使って、さらに踏み込んでいきます。

5.ゆっくりと重心を戻していき、次のターンの準備を始めます。

フロントサイドターン

1.ある程度のスピードをつけてスケーティングを開始します。

2.上半身を開き、顔を上げて進行方向に向けます。

3.かかとを前方に押し出すようにして、下半身を回転させていきます。

4.この時体が後ろに傾かないように、膝をしっかりと曲げてバランスを取ります。

5.ゆっくりと重心を戻していき、次のターンの準備を始めます。

◎坂を使うと練習しやすい

ターンを行う時には、ある程度のスピードに乗った状態でないと途中で止まりやすくやりづらくなります。そのため、スピードをつけて遠心力を利用した方がスムーズに行えます。

フラットな場所で行うのが難しい場合には、傾斜の緩やかな下り坂を使って、左右にゆっくりと曲がりながら下っていく方法もターンの練習におすすめです。

次へ>>ターンのポイント

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事