1. スノーボード ゴーグルの正しい使い方は?注意点や整備の仕方を紹介

スノーボード ゴーグルの正しい使い方は?注意点や整備の仕方を紹介

スノーボード ゴーグルの正しい使い方は?注意点や整備の仕方を紹介

スノーボード用のゴーグルの装着の仕方

ビーニーやヘルメットをかぶる

まずはゴーグルを着ける前にビーニー(ニットキャップ)かヘルメットを先に装着します。ビーニーは少し深めに、眉毛と同じくらいのところまでかぶりましょう。ヘルメットは頭部とフィットするようにしっかりかぶりましょう。

ゴーグルをつける

ゴーグルを仮に装着します。

正しい位置にゴーグルを合わせる

正しい位置にゴーグルと合わせます。【正しい】というのは自分にとって一番視界が確保しやすい位置を指します。雪面の状況を正確に確認出来るように仮に合わせた位置から少しだけ下、鼻を少し圧迫する感じの位置が丁度いいです。そうすることによって鼻とスポンジの間に隙間ができにくく、外気の進入をより防ぐことができます。

ストラップを締める

ストラップ部分に付いているプラスチックの部品をゴーグルを付けたまま移動させます。移動させる方法は前方方向、ゴーグル側に移動させます。

>>スノーボード用のゴーグルの整備

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>