1. ボルダリング ダイアゴナルとは?コツと練習方法を解説!

ボルダリング ダイアゴナルとは?コツと練習方法を解説!

ボルダリング ダイアゴナルとは?コツと練習方法を解説!

目次

ダイアゴナルはボルダリングの上達には欠かせないムーブです。このムーブをマスターすれば、あんなホールドどうやって掴むの?という場面でも意外と簡単に攻略できるので更にボルダリングが楽しくなります。

しかも、きちんとコツをつかめばそんなに難しいムーブではないので、これから中級に挑戦する初心者の方は今のうちにダイアゴナルを習得しておきましょう。

ダイアゴナルとは

ダイアゴナルは体で対角線を作ることで重心を安定させてバランスを保つムーブです。

地面にまっすぐ立って右腕をグンっと斜め前に伸ばすと、次第にバランスを崩して倒れてしまいますよね。この時、右腕を伸ばすと同時に左足を浮かせてみたら、バランスが保たれて同じ姿勢をキープしていられます。

これは体で対角線を作ったことで重心が右足に安定したためです。また、左足で力を開放すると更に重心が安定します。

ダイアゴナルはこの原理を利用したムーブなのです。

ダイアゴナルの動作

実際の壁で行うダイアゴナルの動作を説明します。このムーブを練習する時は床と垂直になった真っすぐな壁で行いましょう。

  1. 片足でホールドに乗る
  2. ホールドに乗る脚を体の内側に入れて腰をねじる
  3. 伸ばす手と反対の手はホールドにしっかりと掴まる
  4. ホールドに乗っている側の手を伸ばす
  5. 重心をホールドに乗っている脚にかける
  6. ホールドに乗っていない脚で力を開放する

この動きをすれば足を乗せるホールドが少ない壁でも楽に登ることができます。

動作はビデオやベテランの人の動きをよく観察するのも大切です。

ダイアゴナルのコツ

ダイアゴナルがうまくできないという人は、これから紹介するポイントがうまくできていないかもしれません。

自分の動きとポイントを照らし合わせて確認をしてみましょう。

1.腕を伸ばす

ホールドを掴んでいる腕はしっかりと伸ばした状態にします。

腕が曲がっていると疲れやすくなりますし、足を体の内側に入れる動作がしづらくなります。さらに、よりバランスが取れるので足の位置が高くてもしっかりと膝を曲げて腕が伸びる状態にしましょう。

2.腰を壁に近づける

ダイアゴナルはねじり系のムーブでもあります。腰を壁に近づけるのは、ダイアゴナルをうまくこなすための一番大切なポイントです。

腰をしっかりと壁に近づければリーチが伸びてより遠くのホールドにも届くようになります。

さらに、重心が壁の内側によるので手が疲れにくくなります。

3.アウトサイドエッジでホールドに乗る

アウトサイドエッジでホールドに乗ることでリーチが伸びる他、腰のねじりもスムーズにできます。

4.頭を逆側に向ける

頭を逆側に向けることで肩が伸び、その分腕を遠くまで伸ばせます。もっと遠いホールドがある場合は頭を逆側に向けてみましょう。また、踵を上げることで更にリーチが伸びます。

ダイアゴナルの練習方法

壁で実際に感覚を掴むのが近道ですが、一度地面の上で基本的な動作の練習をしてみると更に上達が見込めます。

先程も述べたように、ダイアゴナルは腰の動きがとても大切です。この動きはムーブを練習する前ではあまり使われない動きです。初めに腰の動きを地面の上で練習してみましょう。

壁の前に立ち壁に手をつきます。そのまま腰をねじって膝を体の内側に入れます。この時に足の動きも忘れずに意識してください。右、左、右、左と交互に行います。

今度は、膝を曲げて腕を高く伸ばし同じように右、左と腰をねじります。もしどちらか苦手なほうがあるならトレーニングで横腹の筋肉を鍛えましょう。

次へ >> キャタピラープランク

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事