1. ボルダリング 女子に大人気?その理由と人気選手をご紹介!

ボルダリング 女子に大人気?その理由と人気選手をご紹介!

ボルダリング 女子に大人気?その理由と人気選手をご紹介!

目次

2020年の東京オリンピックの正式競技に採用されたスポーツクライミング。その中のボルダリング種目は、専用のジムも増え用意するものが少ないこともあり、気軽に運動ができると女性からも人気のスポーツとなっています。今回は、ボルダリングの何が女性を虜にしているのか、そしてボルダリングの人気女性選手についてもご紹介していきたいと思います。

スポーツクライミングとは?

オリンピック競技になったスポーツクライミング。ボルダリングを始め、リードクライミングとスピードクライミングの3種目で競います。

3つともそれぞれ違う競技なので、詳しく見ていきます。

リードクライミング

クライマーとロープを確保するビレイヤーの2人1組で行われる競技で、高さ12m以上の壁をロープを使用しながら、どこまで登れたかを競います。1回のトライで、完登できたか、到達したホールド、完登にかかった時間で勝敗を決めます。

スピードクライミング

壁の高さ、傾斜、ホールドの種類や位置、角度など、同じ条件の壁をどれだけ早く登りきることができるかを、ハーネスを装着した選手が並んで競います。スピード競技なので、ルールが分からなくても勝敗が分かりやすい種目でもあります。

ボルダリング

5mほどの比較的低い壁をロープやハーネスなどを使わずに、滑り止めとなるチョークを使用しながら自分の身体だけで登りきる種目です。壁は、岩に見立てたようにホールドと呼ばれるカラフルな石が付いており、手や足を自在に使ってホールドを上手く駆使しながら完登を目指します。

ロープやハーネスを装着せずに、自分の身体だけで登るスポーツなので、手軽に挑戦できるスポーツとしても知られています。

日本はボルダリングが強い!

実はスポーツクライミングの中のボルダリング種目で、日本は国別ランキングで1位となりました。特に女性選手の活躍はめまぐるしく、話題になることも多いためテレビ番組で見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。もちろん男性選手も強く、東京オリンピックでのメダルも期待されており、ますます注目を集めるスポーツとなりそうです。

ボルダリング コツとは?初心者必見の上達方法をご紹介!

ボルダリングが女性に人気の理由とは?

ボルダリングがどんなスポーツなのか、日本でのボルダリングはどんな存在なのか紹介してまいりました。

次に、ボルダリングがなぜ女性から人気を集めているのか見ていきます。

誰でも挑戦しやすい

ジムが増えていることもあり、気軽に通いやすくなりました。さらに、ロープやハーネスを使ったクライミングとは違い、知識がなくても楽しめるスポーツなのでとにかく、興味のある方はジムに行けばすぐに挑戦することができます。

もちろん、やり方などはジムで教えてもらえるので、不安なことはありません。

用意するものが少ない

ボルダリングを始めるにあたって、用意するものは動きやすい上下の服、そしてシューズです。細かいことを言うと、汗をかくので、タオルや飲み物があるとさらに良いです。動きやすい服装と言っても、Tシャツやジャージ、スウェットなど家であるもので間に合わせやすく、シューズや滑り止めのチョークは、ジムでレンタルすることができます。

本格的に始めたいという方はマイシューズの用意をおすすめしますが、最初の内はレンタルで十分なので、他のスポーツに比べて準備するものが少なく気軽に始めることができます。

運動不足にぴったり

気軽に始めやすいことで人気上昇中のスポーツですが、特に女性にとって魅力的なのが、ダイエットを目的としたエクササイズの効果があることです。全身の筋肉を使うため、程よい筋肉が付き、体を引き締めることができるのです。

運動不足を解消したい、少し鍛えたい、そんな女性にぴったりなのがこのボルダリングです。

人気女性選手をご紹介!

女性からも人気を集めているボルダリングですが、日本人女性選手が世界でも活躍していることをご存知ですか?世界で活躍している選手、今話題の選手をご紹介します。

2020年の東京オリンピックでの活躍がますます楽しみになります。

野口啓代(のぐちあきよ)選手

数々の大会で優勝を果たしていることもあり、テレビで見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。彼女は、国内でも最も注目のプロクライマーです。2005年のボルダリングジャパンカップで初優勝以来、長い間活躍し続ける、日本が誇る、そして日本のボルダリング界を牽引している女性クライマーです。

三浦絵里菜(みうらえりな)選手

1995年生まれの22歳の選手です。まだ若い、これからの活躍に期待されている選手です。そんな彼女はアイドルクライマーと呼ばれることもあるようですが、ジュニア時代から活躍しており、ジュニアオリンピックの優勝選手でもあります。154㎝と小柄な体格でありながらもダイナミックなクライミングを行います。

田嶋あいか(たじまあいか)選手

1998年生まれの、19歳と若い選手です。11歳でクライミングを始め、14歳で出場したユース大会で2位、そして翌年に優勝と好成績を残しています。高校生の頃には一般部門で優勝し、2015年のジャパンカップで5連覇がかかっていた野口啓代選手を抑えて優勝し、注目の若手選手となりました。

大場美和(おおばみわ)選手

『リポビタンD』のCМに出演していたクライマーで、知っているという方も多いかもしれません。過去にはテレビ番組にも出演して話題になりました。ジュニアオリンピックやアジアユース選手権など多くの大会で成績を残したことから17歳で日本代表に選出され、現在も大学に在学中でありながらも成績を残す実力のある選手です。

次へ >> 野中生萌(のなかみほう)選手

おすすめ記事