1. ロングスケートボード(ロンスケ)とは?遊び方や選び方を徹底解説!

ロングスケートボード(ロンスケ)とは?遊び方や選び方を徹底解説!

ロングスケートボード(ロンスケ)とは?遊び方や選び方を徹底解説!

ロングスケートボードの特徴

そもそもスケートボードには幾つかの種類があるのですが、スケートボードといえば通常幅が20cmくらい、長さが80cmくらいのダブルキックの形状をしたものを指します。この形状はトリックをしたりするのに適しているのでオリンピック競技になったのもこのタイプのスケートボードを使用しています。しかしロングスケートボードは、これらのスケートボードよりもデッキ部分のサイズが大きくて長いのです。それゆえに遊び方も他のスケートボードと異なってきます。まずは種類別の特徴を見てみましょう。

ダブルキックデッキ

ストリートボード
GIRL(ガール) スケボー コンプリート GIRL ガール CONSPIR OG MIKE MO CAPALDI 8×31.5インチ 選べるトラック・ウィール(レンチ+ケースサービス!) スケートボード ブラックトラック5.25 ソフト56mmホワイト
amazonで詳細を見る

ノーズとテールが反り上がった一般的に知られているスケートボードで、パークやストリートなどで使用し、トリックを繰り出すことができる形状のものです。スケートボードを始める方も、このタイプのデッキを選ぶ方がほとんどを占めています。

バイナルクルーザー

ミニクルーザー
Penny Skateboard(ペニースケートボード) 正規代理店商品 PENNY SIMPSONS COMPLETE 22" 0PSMP BART 全長22インチ(約56cm)、幅約15cm
amazonで詳細を見る

デッキがプラスチック製でPennyというブランドが大ブームを巻き起こしたことでも記憶に新しいタイプのものです。本格的なスケートボーダーというよりは、ファッション志向の方に好まれていたジャンルになります。

ロングスケートボード

ロングスケート
Landwalker ロングスケートボード完成品 クルージング コンプリート スケートボード「ABEC9べアリング採用」ロンスケ ロング デッキ (ブラック×オレンジ)
amazonで詳細を見る

デッキ部分が長いロングボードは、通常のダブルキックのスケートボードとは違い、オーリーをしたりグラインドやスライドを楽しむということはしません。デッキが大きい分ウィールやトラックも大きくスピードも速いので、スケートボーダーよりもサーファーの陸乗り練習用として使われたりと、全く別の使い方をするものだと思った方が良いでしょう。

>>ロングスケートボードの使い方

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>