マウンテンバイク、最初の一台におすすめなメーカーは?

マウンテンバイク、最初の一台におすすめなメーカーは?

用途によって違うマウンテンバイクの種類

マウンテンバイクは一見すると同じように見えるかもしれませんが、競技によっても違う車体を使います。

これからマウンテンバイクを始める際に、今後レースなどのイベントにも出てみたいと思っている人は、その競技に合わせたマウンテンバイクを選ぶ方がいいかと思います。

クロスカントリー(XC)

クロスカントリーは、山を下ったり登ったりと、決められたコースをいかに速く走るかを競う競技になります。

クロスカントリー用の車体は、山を登ることもあるので軽量で、サスペンションのトラベル量(伸縮量)が少ないものが採用されています。

さまざまシチュエーションに対応できるギア比になっているのが特徴になり、フレームの形状はハードテールやフルサスの車体が使われることが多いです。

ダウンヒル(DH)

ダウンヒルは、その名の通り、山をいかに速く降るかを競う競技になります。

使われる車体は、マウンテンバイクの中でも前後サスペンションでトラベル量(伸縮量)が多く、頑丈な車体が多いのが特徴です。本格的なダウンヒルをする場合は、ダウンヒル用のマウンテンバイクを選ぶといいと思います。

エンデューロ

エンデューロは1日や数日間にわたるレースで、いくつかの計時対象のステージは目標タイムが設定されてあり、それらのステージを繋ぐリエゾンと呼ばれる移動区間を走破するレースになります。

クロスカントリーのように登りも下りもありますが、エンデューロで使用される車体はクロスカントリーより下りよりのものになり、フレームの形状はフルサスのものが多いです。

オールマウンテン(AM)/トレイル

オールマウンテンやトレイルといった呼び方をされているマウンテンバイクはどれかに特化しているわけでではないので、オールラウンダーな車体といえます。

トレイルライドなどに適していて、特に競技をやりたい場合以外はこのオールマウンテンやトレイルと呼ばれるモデルのマウンテンバイクを選ぶといいと思います。

>>おすすめメーカー

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>