1. 【長野県 スキー場】スノーパークが楽しい長野県のスキー場をご紹介(斑尾・野沢・飯綱編)

【長野県 スキー場】スノーパークが楽しい長野県のスキー場をご紹介(斑尾・野沢・飯綱編)

【長野県 スキー場】スノーパークが楽しい長野県のスキー場をご紹介(斑尾・野沢・飯綱編)

目次

長野県と言えば日本で一番有名なスキースポットです。毎年上質な雪が降り、さらさらのパウダースノーの上を滑走する気持ち良さは最高です!

長野県は軽く乾いた雪から《ドライパウダー》と呼ばれ、一般的には固まりにくく、スノーパークのアイテム作成には向かないと言われているためスノーパーク自体あまり無いようなイメージを持たれますが、実際はかなり多くのスキー場がスノーパークを実装しており、またそれぞれかなり良質なアイテムを揃えています。

【群馬県 スキー場】スノーパークが楽しい群馬県のスキー場をご紹介(沼田・水上編2)
【群馬県 スキー場】スノーパークが楽しい群馬県のスキー場をご紹介(沼田・水上編1)

今回はさらさらパウダースノーの長野県のスキー場の中で、斑尾・野沢・飯綱周辺のスノーパークが楽しいスキー場を紹介します!

タングラムスキーサーカス

【タングラムスキーサーカス】は長野県上水内郡信濃町にあるスキー場です。末広がりになるコースは全部で20あり、コース難易度も初級・中級・上級とバランスよく揃えられているのでどんなレベルの人であっても好みのコースを見つけられるでしょう。

パウダーランも楽しめ、通常の非圧雪コースの他にあまり本州では見ないツリーランのパウダーゾーンもあり、木々の密度はそれほど高くないとはいえ初級レベルの滑走技術では少し厳しいです。直滑降ではすぐ終わってしまう広さですが2500mのロングクルージングも可能で、前述した林間コースあり、コブ斜面あり、広いグラトリバーンありとさまざまな遊び方ができる便利なスキー場になっています。

晴れた日の山頂から見る眼下の景色は素晴らしいの一言!周辺の山々と野尻湖を見渡せる山頂付近はコース難易度が上級レベルなので初心者は少し厳しいかもしれませんが、ある程度の滑走能力を有しているのであれば是非一度その景色を堪能してもらいたいです。

スノーパークの特徴

スノーパークは初心者から中級者が遊べるアイテムを設置されます。それぞれウェーブ・キッカー・ジブと1列に並べられており、自分が挑戦したいものを集中してできるのがポイント。

ウェーブは一つ一つが大きく、まるでボーダークロスのアイテムのような感覚を覚えます。ジブアイテムに関しては難易度が低く、広めのワイドボックスとレインボーボックスが並べられるので初心者やお子様でも挑戦しやすいです。キッカーは例年通りであれば3m程度のものと5m程度のものが並べられ、ランディングも長めに取ってある安全な作りになっています。

それぞれ初心者に優しい作りになっているので、スノーパークデビューにもってこいのスキー場です。

タングラムスキーサーカスの基本情報

タングラムスキーサーカス

  • 住所:〒389-1302 長野県信濃町古海
  • 電話番号:026-258-3673
  • 営業時間:8:30~16:30
  • URL:https://www.tangram.jp/ski/

斑尾高原スキー場

【斑尾高原スキー場】は長野県飯山市と新潟県妙高市の2県にまたがってできているスキー場です。スキー場の住所的には《長野県飯山市斑尾高原》となっているのでこちらで紹介いたします。

末広がり状になっているスキー場は初級・中級・上級とバランスよく揃えられていますが、山頂付近が一部を除き上級者用のコースが占め、中腹から麓までを初級・中級コースというように綺麗に分けられています。一応山頂から中級レベルの迂回コースが出ているのである程度の滑走能力を有していれば山頂を楽しむことができます。また斜度がきつい上級コースの多くは非圧雪ゾーンになっているのでパウダーランを楽しめるのもこのスキー場の特徴と言えます。さらに上級コースの中には非常に広い範囲のツリーランコースも用意してあり、まさに自然の中を滑るような、バックカントリーの感覚を味わえるようなコース作りも大きな特徴です。

末広がりで横に広いスキー場なので最長滑走距離は約2500mと周辺のスキー場と比較すると短めですが、多彩なコースのおかげで短さは感じません。前述した【タングラムスキーサーカス】と隣接しており、斑尾山共通リフト券を購入することで両スキー場とも滑走できます。

スノーパークの特徴

スノーパークは初級・中級者向けに作られた比較的小さめなアイテムが揃ったパークになっています。《FreeRidePark》と名前が付けられており、バンクを利用した<Madarao Bank>とスロープスタイル形式でアイテムを楽しむ<Slope Entry Park>の二つを併せたスノーパークです。

<Madarao Bank>は左右に大きく雪を盛ったもので、通常のバンクのように遊ぶ使い方のほかにテーブルトップのような使い方も可能です。<Slope Entry Park>はキッカー・ジブアイテムと2列に並べられていおり、好きなアイテムを流すことができます。

キッカーの大きさやジブアイテムの種類は時期と積雪量によって変わりますが、公式サイトに載っている情報を見るとハイシーズンであれば8mクラスのテーブルトップと5mクラスのキッカーを揃えているようです。

斑尾高原スキー場の基本情報

斑尾高原スキー場

  • 住所:〒389-2257 長野県飯山市斑尾高原
  • 電話番号:0269-64-3214
  • 営業時間:8:30~21:00 (ナイター営業日は毎週土曜日と2/10のみ)
  • URL:http://www.madarao.jp/ski
次へ >> 野沢温泉スキー場

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事