1. やってみると意外と簡単!? 渋く格好良いトリックのバックサイド180を攻略するためには

やってみると意外と簡単!? 渋く格好良いトリックのバックサイド180を攻略するためには

やってみると意外と簡単!? 渋く格好良いトリックのバックサイド180を攻略するためには

さまざまな滑り方でのバックサイド180

コースの地形でバックサイド180

コース上の地形を利用してのバックサイド180は段差などを利用しておこないます。コースは平坦な場所だけじゃなく、地形を利用したものも多く存在しますので、それらをオーリーのようにきっかけとして利用し、クルッと簡単にメイクするのがいいでしょう。慣れてくると高さが出ておしゃれにバックサイド180を決めることができるようになります。

グラトリでバックサイド180

グラトリのバックサイド180はさまざまなものがあります。斜面でオーリーをきっかけにして決める基礎的なものはもちろん、バタートリックと呼ばれるような板の一部を雪面に着けたままおこなうものやいくつかのグラトリを連続でおこなうコンボに加えたりなど多彩です。

キッカーでバックサイド180

キッカーでのバックサイド180は前述したようにスタイルが出しやすいのが特徴。キッカーでのスピン系の基礎とも言え、大抵の人が最初のほうに手を出すトリックです。また単純なトリックなのでアレンジがしやすい点もメリットでグラブ一つとってもさまざまな形が存在します。

>>バックサイド180をやる前に覚えておきたい技術

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>