1. BMXで知っておきたい空気圧のこと!

BMXで知っておきたい空気圧のこと!

BMXで知っておきたい空気圧のこと!

目次

BMXはバイシクルモトクロスのことで、70年代から人気に火が付いた自転車の競技です。レース・フリースタイルなど、ジャンルは異なりますが、BMXを始めるにあたって気になるのがタイヤの空気圧です。競技によってタイヤの空気圧を変えるべきか、どんな空気圧が最適なのか、また、車種によってタイヤの空気圧が変わるのかなど、疑問に思い戸惑うこともあるはず。そこで今回は、BMXにおけるタイヤの空気圧についてまとめてご紹介します!

BMXの空気圧の表示方法

空気圧といっても、車種やタイヤのメーカーによって、表示方法が異なるので惑わされないようにしっかりと確認しておきましょう。

  • kgf/c㎡
  • bar
  • psi
  • kPa

これらが空気圧に使われている単位です。そのタイヤの基準となる空気圧は、ほとんどの場合タイヤの側面に書いてあるので、はじめに必ず確認しておきましょう。

kgf/c㎡(キログラム/平方センチメートル)

kgf/c㎡は日本でよく使われている表示方法なので、多くのメーカーでこの単位が使われているかもしれません。読み方としては、「キログラム/平方センチ」。この単位を基準に覚えておくだけで、他の単位が換算しやすくなります。

bar(バール)

気圧の単位によく使われているバールは、欧州で主流の単位なので輸入車にはこの表示がされていることが多いのではないでしょうか。2.0kgf/c㎡は2.0barなので、非情に分かりやすいかとおもいます。

psi(ピーエスアイ)

PSIのpはポンドを指すので、米国ではよくみかける表示方法です。換算方法は様々ですが、PSIの表示から14を割るとkgf/c㎡の数字が割り出せます。kgf/c㎡が2.0ならPSIは28となります。

kPa(キロパスカル)

kgf/c㎡の表示方法の次にポピュラーな単位がキロパスカルです。kgf/c㎡からの換算方法はとても簡単。100で割ればいいだけです。110㎪なら1.1kgf/c㎡となりますね。

空気圧は高めと低めどちらがいい?

普段自転車を使用する時、空気圧をやや高めに設定している人が多いかと思います。しかし、BMXでは空気圧が高めでも低めでもそれぞれの走りに特徴があり、どちらを選ぶかは乗り心地次第となってくるかもしれません。では、空気圧は高めの場合と低めの場合の、それぞれの走りの特徴をご紹介します。

空気圧が高い場合のメリット

空気圧が高いと、もちろんタイヤは硬くなります。タイヤが硬くなると、地面に密着する面積が少なくなるので想像できるようにスピードが増しますよね。平らな場所なら、一回漕いだだけでスーッとタイヤが回転するのが実感できます。曲がり角など小回りが利くのもメリットのひとつです。

空気圧が高い場合のデメリット

スピードが出るから空気圧が高いほうが良さそう!と思えますが、しっかりとデメリットがあるのでよく把握しておきましょう。空気圧が高くタイヤが硬くなると、段差などの地面の衝撃を強く受けてしまいます。衝撃はスピードに比例して強くなるので、速ければ速いほど腕やお尻にかかる振動が大きくなるわけです。ということは、衝撃を受け止めるための身体の慣れと耐久性が必要です。慣れない人が空気圧の高いタイヤでガンガン凸凹な道を走ると、次第に手首や下半身に疲労がたまってバテテしまいますので注意が必要です。

空気圧が低い場合のメリット

空気圧が低いと衝撃が弱くなり、体に負担の少ない走りが可能になります。困難な道を猛スピードで走っても、安定感が得られるので乗り心地が良く感じられるでしょう。

空気圧が低い場合のデメリット

逆に、空気圧が低いと加速性が悪くなってスピード感を実感できにくくなります。一回漕いでも思っていたいほどの加速はしてくれないでしょう。さらに、タイヤが柔らかすぎるとパンクしやすいので注意してください。

このように、同じタイヤでも空気圧によって乗り心地が大きく変わってきます。タイヤの太さによっても、空気圧の加減が重要になってくるので、実際に走りながら丁度いい設定を見つけてみましょう。

次へ>>適正な空気圧は種目によって変わる?

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事