1. スノーボード オフトレの体作りをより効果的にするためのストレッチは?

スノーボード オフトレの体作りをより効果的にするためのストレッチは?

スノーボード オフトレの体作りをより効果的にするためのストレッチは?

目次

スノーボードはウィンタースポーツ。一年中出来るわけではないので、冬以外の1年の半分以上はオフシーズンになってしまいます。しかし、スノーボードが本気で上手くなりたいのであれば、そんなオフシーズンこそシーズン本番の調子を左右するといっても過言ではない重要なシーズンなのです。

オフシーズンに出来るトレーニングは色々なものがありますが、誰でも簡単に家で始めることができるのが、筋トレです。オフトレで筋トレをするのは、地味ですが、オフシーズンに重要な筋肉を作っておけば、雪山に行った時に筋肉痛になったり、スタミナ不足になる心配も少なくなります。

そんな筋トレをより効果的にするのが、筋トレ前のストレッチです。ストレッチで柔軟な体を作っておくことで、ゲレンデに行ったときも怪我をしにくくなりますし、筋トレの効果も抜群です。そこで今回は、筋トレ前や、スノボをする前に行っておきたいストレッチや、オフトレで家でも簡単に出来る体幹トレーニングについてご紹介していきます。

スノーボードではどんな筋肉を使うの?

スノーボードで使えるストレッチと筋トレを学んでいく前に、スノボーではどんな筋肉が主に使われているのかについてご紹介していきます!スノーボードでは、基本的に下半身の筋肉を主に使います。具体的に、大きく分けて以下の部位がよく使われています。

  • 脚部(脚全体)
  • 臀部(おしりの部分)
  • 背筋(背中)
  • 腹筋(お腹)

基本的にスノーボードは両足の自由が効かないので、太ももに力を入れて踏ん張ることが多いです。だから、太ももなど下半身のトレーニングを重点的に行うのです。

初心者の方にありがちなのが、腰が落ちすぎていたり、後傾すぎたりしてしまったせいで、ゲレンデから帰ってきた次の日に、必ず太ももが筋肉痛になってしまうケースです。スノーボードで、脚に負荷がかかるので、下半身のトレーニングを行うとこういった筋肉が発達して、よりボードがコントロールしやすくなったりします。

しかし、下半身の筋肉を鍛えれば鍛えただけ滑りが上手になるのかと言われれば、そうではありません。上手な人は、全身を使って滑っています。上手なライダーの滑り方は、力みがなくてとてもスムーズに滑れていると感じませんか?

下半身は、あくまでベース。体全体をバランスよく鍛えることが非常に重要なのです。

>>家でも簡単!オフトレの体作りで使える体幹トレーニング

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>