1. スノーボード 初心者 必見!基本的な滑り方と練習方法とは?!

スノーボード 初心者 必見!基本的な滑り方と練習方法とは?!

スノーボード 初心者 必見!基本的な滑り方と練習方法とは?!

木の葉すべり

木の葉すべりとは、片方のエッジを使いながら右、左と交互にジグザグに降りてくる滑り方です。滑る様子が木の葉が落ちるように交互に移動するのでこの名前が付きました。サイドスリップで斜面に対して板を横にして進行方向に進む事が出来るようにったら、次は木の葉滑りで横に滑る動作を練習します。サイドスリップと同様に多少の傾斜を必要とするので、同じ場所で練習してみてください。

初めはヒール側(斜面に対して体を正面に向ける)から練習しましょう。サイドスリップと同じ体制になり、右左どちらかでも構わないので進みたい方向に目線を向けて、進行方向の足に体重をかけます。すると、自然にボードが動き出して横に滑る事が出来ます。これを右左と交互に繰り返して滑ります。

かかと側が慣れたら、次はつま先側(斜面に対して背中を向ける)方を練習しましょう。サイドスリップ同様に「かかと」と「つま先」両方で出来るようになるとベストです。どちらも進行方向に目線を向けて、しっかりと体重をかける事に意識するのが上達のコツです。木の葉すべりでは板をずらす要領が掴めるので、左右に曲がる感覚を身に付ける事が出来ます。

木の葉すべりを練習する時は、コースの端から端まで広く使う気持ちで練習すると良いです。そのときは横に大きく滑るので上から滑ってくる人が居ないか確認しながら注意して下さいね。そして木の葉すべりが身に着けばどんな斜面のコースでも一応は滑って降りる事が可能になります。ゴンドラに乗って頂上まで行き、途中斜面が急なコースを目の当たりにしてもなんとか滑って降りる事が出来るようにはなります。

>>転び方

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>