1. スノーボード 初心者 必見!基本的な滑り方と練習方法とは?!

スノーボード 初心者 必見!基本的な滑り方と練習方法とは?!

スノーボード 初心者 必見!基本的な滑り方と練習方法とは?!

サイドスリップ

サイドスリップとは板を斜面に対して横に向けたまま、エッジ(ボードの角)を立てて雪を削るように減速しながら降りてくる滑り方です。初心者上級者問わず止まる時に一番使う技がこの「サイドスリップ」です。止まる技術はスノーボードを楽しむ上で一番重要なスキルで、まずは止まる事を覚えてから滑る事を覚えましょう。

止まる事が出来なければスピードをコントロール出来ないのでコース外に出て行って危険な目に合いますし、他の利用者と衝突してケガを負わせてしまう恐れもあります。ゲレンデを滑る為には止まる事が出来なければいけません。

スノーボード初心者の時に、最初に身につけたいのは「止まれる」という自信です。まだ上手にターンができなくても、いつでも止まれるという自信があれば、ターンするための練習ができる様になりますのでどんどん滑りたくなっていきます。上手く止まれる必要はありません、最終的に自分の思った通りの場所に止まる事が出来ればそれで大丈夫です。不安を抱えながら練習しても折角のスノーボードを楽しめないので最初に不安な部分から解消していきましょう!

エッジを立たせながら雪を削るように降りるので、サイドスリップで減速し止まる練習をするには多少の傾斜が必要です。初めは進行方向に対して正面を向くヒール側(かかと)に力を加えて降りるやり方から始めて下さい。多少慣れてきたら進行方向に対して背中を向けてつま先に力を入れる背面滑りをやってみましょう。

正面、背面どちらで滑る時も両足均等に力を加え、膝を曲げてしゃがむようにしてエッジを立てる事がコツです。怖がって腰が引けて目線が足元に下がってしまうとバランスが取りづらくなってしまうので、顔を上げてなるべく遠くを見るように心がけてください。サイドスリップで「つま先」と「かかと」に力を加えてエッジで滑る感覚を身に付ける事が出来ます。この感覚は後のターンに繋がってくる動作なので両方ともしっかりと身に付けておくと後で役に立ちます。

>>木の葉すべり

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>