1. スノーボード 初心者 必見!基本的な滑り方と練習方法とは?!

スノーボード 初心者 必見!基本的な滑り方と練習方法とは?!

スノーボード 初心者 必見!基本的な滑り方と練習方法とは?!

さぁ!スノーボードを始めよう!と思っても、何から始めたら良いか分かりませんよね。そんな方に向けて、スノーボード初心者の方が一番初めに何から始めたらよいのか基本的な滑り方をコツを交えてご紹介します。

スケーティング

スケーティングとは利き足(進行方向に対して前を向く足、右利きの人であれば左足が聞き足の場合がほとんどです。)だけをボードに装着して固定していない方の足で地面を蹴って進む滑り方です。

スノーボードはリフトに乗る時に利き足をボードに装着したまま乗るので、リフトから降りる時にこの技術が必要になります。初めは怖いと思いますが、立つ事が出来ればリフトが自然に自分の身体を押してくれるのでバランスを取っているだけで大丈夫です。また、短い距離を移動する時にわざわざボードを外す必要が無いのも便利な点です。

自分の利き足だけをビンディングに装着し、後ろ足となる方のビンディングを外しておきます。そして自由となった片足を利用して雪面を蹴って前方へ進みます。蹴るエリアは左右どちらでも構いません。自分のやりやすいやり方で大丈夫です。

コツはスケーティングをするとき板から離れたところを蹴るのではなく、板に近い所を蹴るように心がけましょう。板から遠い場所を蹴ると、どうしてもベクトル(力の方向)が散ってしまい安定していないので初心者では自分の進みたい方向に力を加える事が難しいです。しかし、板に近い場所を蹴る事によりベクトル(力の方向)が散らばらずに力を加える事が出来るので比較的安定したスケーティングが出来るようになります。

また視線は前方です。足元ばかり見ていてはきちんと前に進みません。スケーティングのコツは「目線を上げて前方をみること」と「蹴るときは板に近いところ」です。
傾斜が無い平坦な所でも練習可能な技なので、一番初めは両足をボードに固定しないで利き足だけをビンディングに装着してボードで雪面を滑る感覚を身に付けるとリフトの乗り降りもスムーズに出来るようになります。

>>サイドスリップ