1. スノーボード 初心者 必見!基本的な滑り方と練習方法とは?!

スノーボード 初心者 必見!基本的な滑り方と練習方法とは?!

スノーボード 初心者 必見!基本的な滑り方と練習方法とは?!

目次

さぁ!スノーボードを始めよう!と思っても、何から始めたら良いか分かりませんよね。そんな方に向けて、スノーボード初心者の方が一番初めに何から始めたらよいのか基本的な滑り方をコツを交えてご紹介します。

スケーティング

スケーティングとは利き足(進行方向に対して前を向く足、右利きの人であれば左足が聞き足の場合がほとんどです。)だけをボードに装着して固定していない方の足で地面を蹴って進む滑り方です。

スノーボードはリフトに乗る時に利き足をボードに装着したまま乗るので、リフトから降りる時にこの技術が必要になります。初めは怖いと思いますが、立つ事が出来ればリフトが自然に自分の身体を押してくれるのでバランスを取っているだけで大丈夫です。また、短い距離を移動する時にわざわざボードを外す必要が無いのも便利な点です。

自分の利き足だけをビンディングに装着し、後ろ足となる方のビンディングを外しておきます。そして自由となった片足を利用して雪面を蹴って前方へ進みます。蹴るエリアは左右どちらでも構いません。自分のやりやすいやり方で大丈夫です。

コツはスケーティングをするとき板から離れたところを蹴るのではなく、板に近い所を蹴るように心がけましょう。板から遠い場所を蹴ると、どうしてもベクトル(力の方向)が散ってしまい安定していないので初心者では自分の進みたい方向に力を加える事が難しいです。しかし、板に近い場所を蹴る事によりベクトル(力の方向)が散らばらずに力を加える事が出来るので比較的安定したスケーティングが出来るようになります。

また視線は前方です。足元ばかり見ていてはきちんと前に進みません。スケーティングのコツは「目線を上げて前方をみること」と「蹴るときは板に近いところ」です。
傾斜が無い平坦な所でも練習可能な技なので、一番初めは両足をボードに固定しないで利き足だけをビンディングに装着してボードで雪面を滑る感覚を身に付けるとリフトの乗り降りもスムーズに出来るようになります。

サイドスリップ

サイドスリップとは板を斜面に対して横に向けたまま、エッジ(ボードの角)を立てて雪を削るように減速しながら降りてくる滑り方です。初心者上級者問わず止まる時に一番使う技がこの「サイドスリップ」です。止まる技術はスノーボードを楽しむ上で一番重要なスキルで、まずは止まる事を覚えてから滑る事を覚えましょう。

止まる事が出来なければスピードをコントロール出来ないのでコース外に出て行って危険な目に合いますし、他の利用者と衝突してケガを負わせてしまう恐れもあります。ゲレンデを滑る為には止まる事が出来なければいけません。

スノーボード初心者の時に、最初に身につけたいのは「止まれる」という自信です。まだ上手にターンができなくても、いつでも止まれるという自信があれば、ターンするための練習ができる様になりますのでどんどん滑りたくなっていきます。上手く止まれる必要はありません、最終的に自分の思った通りの場所に止まる事が出来ればそれで大丈夫です。不安を抱えながら練習しても折角のスノーボードを楽しめないので最初に不安な部分から解消していきましょう!

エッジを立たせながら雪を削るように降りるので、サイドスリップで減速し止まる練習をするには多少の傾斜が必要です。初めは進行方向に対して正面を向くヒール側(かかと)に力を加えて降りるやり方から始めて下さい。多少慣れてきたら進行方向に対して背中を向けてつま先に力を入れる背面滑りをやってみましょう。

正面、背面どちらで滑る時も両足均等に力を加え、膝を曲げてしゃがむようにしてエッジを立てる事がコツです。怖がって腰が引けて目線が足元に下がってしまうとバランスが取りづらくなってしまうので、顔を上げてなるべく遠くを見るように心がけてください。サイドスリップで「つま先」と「かかと」に力を加えてエッジで滑る感覚を身に付ける事が出来ます。この感覚は後のターンに繋がってくる動作なので両方ともしっかりと身に付けておくと後で役に立ちます。

木の葉すべり

木の葉すべりとは、片方のエッジを使いながら右、左と交互にジグザグに降りてくる滑り方です。滑る様子が木の葉が落ちるように交互に移動するのでこの名前が付きました。サイドスリップで斜面に対して板を横にして進行方向に進む事が出来るようにったら、次は木の葉滑りで横に滑る動作を練習します。サイドスリップと同様に多少の傾斜を必要とするので、同じ場所で練習してみてください。

初めはヒール側(斜面に対して体を正面に向ける)から練習しましょう。サイドスリップと同じ体制になり、右左どちらかでも構わないので進みたい方向に目線を向けて、進行方向の足に体重をかけます。すると、自然にボードが動き出して横に滑る事が出来ます。これを右左と交互に繰り返して滑ります。

かかと側が慣れたら、次はつま先側(斜面に対して背中を向ける)方を練習しましょう。サイドスリップ同様に「かかと」と「つま先」両方で出来るようになるとベストです。どちらも進行方向に目線を向けて、しっかりと体重をかける事に意識するのが上達のコツです。木の葉すべりでは板をずらす要領が掴めるので、左右に曲がる感覚を身に付ける事が出来ます。

木の葉すべりを練習する時は、コースの端から端まで広く使う気持ちで練習すると良いです。そのときは横に大きく滑るので上から滑ってくる人が居ないか確認しながら注意して下さいね。そして木の葉すべりが身に着けばどんな斜面のコースでも一応は滑って降りる事が可能になります。ゴンドラに乗って頂上まで行き、途中斜面が急なコースを目の当たりにしてもなんとか滑って降りる事が出来るようにはなります。

転び方

スノーボードに転倒は付き物です。なので転び方も身に付けていく必要があります。転倒を初心者のうちにマスターしておくと、のちのちトリックなどで失敗したときなどの転倒時に大きなケガを回避できる役割となりますので、初心者のうちにたくさん転んでおいて転倒のコツを覚えておいた方が得策です。上手な転倒方法についていくつか紹介致します。

スピードがつきすぎて止まることも減速が出来なくなってしまった場合は、そのまま膝を曲げてお尻から転んでください。すると簡単に痛みもあまり感じずに止まることが出来ます。このお尻から転ぶ練習を何度も繰り返して転倒の恐怖心を払拭することをオススメいたします。

他にはターンをしている途中不安定になったとき、無理に態勢を立て直すより、そのまま転倒した方が良い場合が多いです。これは、体のどちらかの側面で転ぶことで雪面と接触する「面」を広くもたせ、結果、痛みを分散出来ます。態勢を立て直すときにも楽なので是非身に付けておきたいです。

スノーボードでは、不意のエッジ(ボードの角)の引っかかりにより派手に転び、ケガをするケースが多くあります。初心者にも多いケースであり、スノボーが怖くなる引き金でもあります。残念ながらエッジが引っかかって転倒する完全な回避方法はありません。しかし、エッジがかかりそうな予感はある程度慣れてくるとわかってきます。その場合は、無理して体勢を立て直さず、上記に記した「お尻から転倒」や「体の側面で転倒」を利用して、先に転んでおくようにしましょう!

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事