1. スノーボード ヘルメットは必要?その理由とおすすめブランドを紹介

スノーボード ヘルメットは必要?その理由とおすすめブランドを紹介

スノーボード ヘルメットは必要?その理由とおすすめブランドを紹介

スノーボード用のヘルメットは何が違う?

頭部とのフィット感が違う

日常生活に使用するヘルメットと違い、スノーボード用のヘルメットは頭部とのフィット感が素晴らしく良くなるように設計されています。これは滑走時に衝撃などでヘルメット自体が跳ねるなどをし、集中力を割かれないようにすることと、転倒時は頭部としっかりフィットしていることにより余分なダメージが及ばないようにするためです。頭部とヘルメットの間に少しでも隙間があると衝撃が二重にかかり、余計なダメージまで負ってしまうことがあります。

ゴーグルのフィット感が違う

スノーボード用のヘルメットは、スノーボードで必須のゴーグルをヘルメット着用時にも違和感無くフィットするように設計されています。ヘルメットの後頭部に位置する所にはゴーグルのバンドを固定する【ゴーグルクリップ】が設置され、ヘルメットによってはゴーグルのバンドが通るだろうという位置が少し窪んでいたりし、さらなるゴーグルのフィット感を実現しています。またゴーグル本体とヘルメットの隙間が出ないようにも設計されているので、おでこなどに雪が入りづらいようにできています。

スノーボード用のヘルメットは軽い

スノーボード用のヘルメットは非常に軽いです。もちろんヘルメットを着けているという感覚はありますが、日常生活で使用するバイクのヘルメットなどに比べかなり軽くなっています。日常で使用する代表的なヘルメットであるフルフェイスヘルメットは最低でも1kgはありますが、スノーボード用のヘルメットは半分の500g前後のものが多いです。それにもかかわらず強度もしっかり保たれています。

蒸れない作りになっている

スノーボード用のヘルメットは汗などによる蒸れが起きにくくなるように設計されています。必要なところに必要なだけ穴、ベンチレーションがしっかり取り付けられているからです。これによって寒い地域では命取りになる汗を抑制するだけではなく、ゴーグルの曇りもおきにくくなり結果として安全確保がされています。

>>スノーボード用のヘルメットに付いている様々な機能と用語

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>