1. スノーボード ヘルメットは必要?その理由とおすすめブランドを紹介

スノーボード ヘルメットは必要?その理由とおすすめブランドを紹介

スノーボード ヘルメットは必要?その理由とおすすめブランドを紹介

スノーボード用ヘルメットの選び方

自分の頭部とのフィット感はどうか

スノーボード用のヘルメットを選ぶ際に一番重要視したいのは自分の頭部とのフィット感です。上記でも説明しましたが、ヘルメットと頭部に隙間がある状態で転倒すると余計なダメージを頭部に与える恐れがある為です。また無理やり頭の形に合っていないヘルメットを着用すると滑走している最中に頭痛などを引き起こし、集中してスノーボードを楽しめなくなることもあります。これは実際僕も経験しています。

人によっては嫌なかたも居るかもしれませんが、まず一度スノーボードのショップやアルペンなどの量販店でヘルメットをかぶってみて、頭を振ったり衝撃を少し与えてみたりしながら慎重に自分の頭に合うヘルメットを選択することをおすすめします。

イヤーパッドはあるか

ヘルメットと頭部のフィット感を出すためにも使用されるイヤーパッド(耳当て)があるかどうかも判断基準のひとつになります。もちろん無くても問題はないですが、多少フィット感が落ちることと、そこまで激しく動かない人はハイシーズンに軽い吹雪などにあった場合耳が凍えるような感覚を覚えます。なので出来ればイヤーパッドがあるヘルメットを選択したほうが良いでしょう。

ベンチレーションはしっかりしているか

ヘルメットに開いている穴、ベンチレーションがしっかり付いているかどうかも見たほうがいいでしょう。ベンチレーションとは換気口のことで、ようは頭部が蒸れないようにする機能です。ヘルメットのものによっては開閉式のベンチレーションもあり、各社蒸れや汗予防を考えて開発されたヘルメットを販売しています。滑り方にもよりますが、グラトリなどで激しく身体を動かす人や、ハーフパイプやバックカントリーでハイクアップする人は頭部が蒸れやすいのでより多くのベンチレーションが付いているヘルメットを選択したほうがいいでしょう。

海外安全基準を満たしているか

スノーボード用のヘルメットは海外では安全基準があります。アメリカと欧州ヨーロッパで別々の基準を設けており、アメリカは【ASTM】でヨーロッパは【CE】という名前でヘルメットの内側に表示しています。一流どころのブランドならまずこの二つの基準は満たしていると思いますが、こちらも選択の一つの基準として見ておくほうがいいでしょう。

自分のウェアに合っているか

安全性とは関係ないですが、おしゃれの観点から見てもヘルメットは目立つ部分なので出来る限り自分のウェアに合ったヘルメットのカラーを選ぶべきでしょう。

>>スノーボード用ヘルメットのおすすめブランド

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>