1. スノーボード ソールカバーとは?選び方や人気ブランドをご紹介!

スノーボード ソールカバーとは?選び方や人気ブランドをご紹介!

スノーボード ソールカバーとは?選び方や人気ブランドをご紹介!

目次

移動する時、そして板を管理する時に必要となるボードケース。ボードケースにも種類があり、それぞれ種類を使い分けると車や電車の移動、スノーボードトリップを楽にしてくれます。そんなボードケースの中でも、シーズン中だけでなくオフシーズン中でも活躍する、必ず1枚は準備しておきたいソールカバーについて、詳しく見ていきます。

ソールカバーとは?

スノーボードの裏部分であるソールを覆い保護するケースのことで、ビンディングを装着したまま収納することができます。エッジで他の道具を傷つけないためや板そのものを外部の衝撃から守る予防として重要な役割を持ちます。ボードケースとは違い、ブーツなどの他の道具と一緒に収納することはできませんが、車に積み込む際には他の荷物と分けて積み込むことができるため車移動の時には便利なアイテムです。

さらにオフシーズン中でもソール部分の酸化を防ぐ役割もあり1年を通して持っておきたいアイテムです。

ソールカバーの種類

ソールカバーには素材の種類があります。素材の違いを見ていきます。

ネオプレン素材

ニーズ(NEEZ) ジュニアスノーボード用 ソールカバーJR NE14006 ネオプレン製 (Mサイズ(95-110cm))
amazonで詳細を見る

サーフィンやダイビングなど、マリンスポーツで着用するウェットスーツに使用される素材で、板の形状に合わせた専用設計のものが多いため保護力の高さに人気があります。

【メリット】

ゴムのような素材ならではの伸縮性や耐久性、衝撃の吸収性に期待できます。伸縮性に優れてはいますが、丈夫で伸びにくいため長く使用することができます。また、専用設計されたアイテムが多いことから、板の形状に合ったものを選びやすく、板の保護にも効果的です。

【デメリット】

ゴム素材のため吸水性がなく乾きにくいため、スノーボード終わりの濡れた板を収納したままにしておくと錆びる原因となります。帰宅したら板とソールカバーを乾燥させて再び収納する必要があります。また専用設計のため、そのカバーに合う板しか収納できません。板を買い替えた場合には、カバーを買い直す必要があります。

ニット素材

18-19 エビス スノーボード ニットケース [MOKU] KNIT COVER eb's (SM(138-150cm), MOKU_BLACK)
amazonで詳細を見る

ニット素材でできていることからニットケースとも呼ばれますが、ニット素材ならではのデザインの豊富さが特徴的で、シンプルなデザインからポップなデザインまで揃います。

【メリット】

ニット素材は編み込みの縫製であること、そして素材そのものが通気性に優れていることから、伸縮性や吸水性に加えて通気性にも期待することができます。吸水性があり通気性もあるため、エッジが錆びにくい特徴があります。生地が柔らかいため、多少のサイズの違いであればどんな板でも収納しやすく使いまわすことができます。

【デメリット】

ネオプレン素材に比べて耐久性は劣りますが、最近では生地の改良などにより丈夫なカバーが増えています。それでも中には生地の薄いニット素材のカバーもあり、すぐに穴が開くなど傷みやすいため、購入時には生地の丈夫さを確認することも大切です。

しかしどちらの素材にしても、濡れたままの板をソールカバーにしまったまま放置することは板の劣化に繋がるので、乾燥させてから再度収納するなど管理には注意が必要です。

ソールカバーの選び方

ソールカバーには素材に種類があることが分かりました。次にソールカバーを選ぶ際のポイントを見ていきます。

① サイズ感

ソールカバーは、ソールやエッジを保護するものです。そのためジャストフィットしたサイズ感が好ましいです。ネオプレン素材であれば、板にフィットしたものを選ぶことができます。ニット素材でもゆるゆるとしたものでなければ、多少大きくても使い勝手に支障はありません。自分の板のサイズを確認し、カバーを選びます。

② 素材

素材の種類の紹介でニット素材は錆びにくいとお伝えしましたが、どちらも濡れた板をカバーに入れたまま収納し放置しておくことは、板の早い劣化に繋がるため帰宅後に板とカバーを乾燥させる手間は必要になります。それを踏まえた上で、生地による収納のしやすさを確認して、自分に合ったものを選びます。

ソールカバーの人気ブランド

多くのブランドから発売されているソールカバー。人気のソールカバーが揃うブランドを厳選してご紹介します。

Eb’s(エビス)

18-19 エビス スノーボード ニットケース [MOKU] KNIT COVER eb's (SM(138-150cm), MOKU_BLACK)
amazonで詳細を見る

日本生まれのスノーボードブランドで、グローブやデッキパッド、プロテクターなど、小物類まで充実しています。ソールカバーも人気アイテムの一つで、中でもニットケースが支持を得ています。柔らかい素材で収納や取り出しを楽にでき、通気性や吸水性にも優れエッジが錆びにくく、耐久性も高いため管理用としても最適です。

次へ >> BURTON(バートン)

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事