1. スノーボード ジブとは?種類やコツなど、おすすめの板もご紹介!

スノーボード ジブとは?種類やコツなど、おすすめの板もご紹介!

スノーボード ジブとは?種類やコツなど、おすすめの板もご紹介!

目次

ジブとは?

ジブとは人工物を利用したスノーボードの遊びの一種です。スノーボードは様々な遊び方があります。雪山を自由に滑るフリーランや冬季オリンピック種目にもなっているハーフパイプやキッカー、無圧雪のパウダースノーを滑るパウダーランなど多種に上ります。その遊びの一つにジブ(JIB)があります。ジブは正確に言うとジビング(JIBING)と言い、どのような遊びかと言いますと《人工物を利用した自由な遊び》です。大きな枠組みで言えばフリーランの一種に分類されます。

ジブの始まり

ジブはもともとスケートボードの遊びの一つでした。普通に滑るだけじゃ物足りなくなったスケートボーダーがストリートの階段などに設置してある手すりやオブジェなどにスケートボードを当てたりして遊び始めたのがジブの始まりです。その後ジブの種類は増えていき、失敗=痛みを伴うため度胸試しのようになりどんどん過激になって行きいました。

度胸試しから技術を魅せるようになる

その後ただ単に度胸試しからテクニックを組み合わせてジブを利用したトリックをするようになります。スケートボードをオブジェなどに擦らせるボードスライドを発端に、スケートボードを横にして滑らせるフロントorバックサイドスライド、ジブに入るときにスピントリックを入れたりノーズorテールマニュアルしながら擦ったりなどどんどん複雑かつテクニカルになっていきました。

《ストリート》から《スノー》へ

スケートボードやサーフィンは俗に横乗り系と称されるように共通点が多いです。そんな中現れたのがスノーボードです。もちろんスケートボーダー達はすぐスノーボードに目をつけ遊び始めました。彼等はスキー場を自由に滑る爽快感に病み付きになりましたが、当時スノーボードは危険だとして遊べるスキー場は制限されていました。そうすると今度は自然の山、バックカントリーで滑るようになります。もともとはパウダースノーをサーフィンのように滑るため開発されたスノーボードなのでみんなハマったそうです。

スノーボードでジブ遊び

そんな中、一部のスノーボーダーは「これでスケートみたいに遊べるんじゃない?」と考えるようになり、木や岩などでスケートボードの技をし始めました。その行為はスケート同様過激になっていき、あるスケートボーダーがスキー場内のレストランのテーブルでスノーボードを擦り始めたのがスノーボードのジブの始まりと言われています。

危険な行為からスノーボード遊びの1つに

勝手にレストランのテーブルやスキー場内の階段の手すりでジブをおこなう行為は予想通り危険視され、禁止行為となります。そこから数々の紆余曲折を経て、現在のようにスノーパーク内に遊びの一種、《ジブ》として認識されるようになりました。

ジブアイテムの種類とは?

様々な形を持つジブアイテム

一言でジブと言っても様々な形があります。自然の中にある木や岩をジブアイテムと見立てて当て込んだり擦ったり、スケートボード同様にストリートにある手すりやゴミ箱、壁などを利用して遊んだり、それこそ無限大です。そんなジブですが主に遊ばれているジブアイテムを紹介します。

レール

レールはストリートで言う手すりです。形状は様々あって、主に丸パイプ型のレールや角パイプ型のレールなどがあります。さらに丸パイプを2本合わせた形のダブルパイプなど色々あります。レールの種類として、真っ直ぐな形の《ストレートレール》や途中に段差のある《キンクレール》、緩やかな半円を描いて設置してある《レインボーレール》などが代表的です。

ボックス

ボックスはその名の通り《箱》です。とくに素材により呼び名が変わったりしませんが、スキー場に設置してあるボックスは表面にアクリル板を使用し滑りやすくなっています。ボックスにもレール同様の種類があり、《ストレートボックス》《キンクボックス》《レインボーボックス》などが代表です。そのアイテムの名前の前に《ワイド》と付いているものがありますが、これも名前のとおりボックス表面が【広い】とか【大きい】ボックスアイテムに付けられます。

その他のアイテム

大きく分けると上の二つ《レール》と《ボックス》ですが、その他にもスキー場によって置いてあるアイテムも様々な種類があります。代表的なのは《ドラム缶》や《塩ビパイプ》でしょうか。それ以外にも自然の木を利用したレールやプラスチックボールなどスキー場ごとに特徴的なアイテムを準備している場所もあります。

ジブでの遊び方

擦る!当てる!飛び乗る!

ジブアイテムを利用した遊び方は自由です、それこそアイテムを飛び越えただけでも遊んだ事になります。代表的な遊び方は3つです。ジブアイテムで板を擦る《ボードスライド》、ジブアイテムに板を当てる《ボードタップ》、ジブアイテムに飛び乗る《トランスファー》です。

ボードスライド

ボードスライドとはジブアイテムにスノーボードを擦りながら滑ることです。ただ単に擦ると言っても擦り方にたくさんの種類があり、基本はスノーボードを真っ直ぐにしたままアイテムを滑らせる《ストレート》と横にして滑らせる《バックサイドorフロントサイドボードスライド》です。この基本を元に色々な技術を盛り込んだトリック=技でジブアイテムを遊びます。

タップ

タップとはジブアイテムにスノーボードを当てる遊び方です。主な遊び方は《テールタップ》や《ノーズタップ》などスノーボードの一部分をアイテムに当てます。一瞬だけ当ててアイテムを抜けるだけでも《タップアウト》などの技名が付けられます。

トランスファー

トランスファーとはレールやボックスなどに飛び乗る行為を言います。英語で書くと【transfer】で使用する意味としては【乗り換える】です。もともとスノーボードの用語としてのトランスファーは【右のキッカーを飛んで左のキッカーのランディングに着地する】というようにキッカーを【乗り換える】というある意味正確な意味で使われていましたが、ジブアイテムで使用する時は飛び乗る行為を指します。主に《キンクレール》などの途中の段差まで飛んで、そこから板を擦る際に使用されます。

ジブで遊ぶコツ

転ぶと痛い!

人によって遊び方は様々ですが、私の周りではボードスライドなどでアイテムを越える【やっつけた感】を楽しみました。ジブアイテムの上で転ぶと身体の一部を強打します、正直もの凄く痛いです。青あざは簡単に出来ますし、下手な転び方したら骨折なんてこともありえます。なので嫌になってジブをやめてしまう人もいます。誰も怪我はしたくないですし、その理由も凄く分かります。

やっつけた感を楽しむ!

具体的にいうと『転ぶと痛いし怪我するかもしれないジブアイテムを乗り切った!』ことをジブアイテムを【やっつけた感】と言っています。例えをすると、何度も《バックサイドボードスライド》でジブアイテム途中で転びまくっていたけどやっと乗り切った時の爽快感というか開放感というか、もの凄い快感を得ることが出来ます。私の周りでは『アドレナリン(脳内麻薬)ドバドバ出てる!』と表現していましたが、これは乗り越えた人でしか分からない世界だと思います。

次へ >> 遊ぶコツは目標を持つ

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事