1. スノーボード グラトリ板のおすすめとは?選び方や人気ブランドをご紹介!

スノーボード グラトリ板のおすすめとは?選び方や人気ブランドをご紹介!

スノーボード グラトリ板のおすすめとは?選び方や人気ブランドをご紹介!

目次

冬になったらスノーボードを楽しむという方も多いと思いますが、スノーボードはただゲレンデを滑るだけではありません!スノーボードを始めたらぜひ習得したい「グラトリ」というテクニックがあります。自在に板を操りながらグラトリを決めることができたら、かっこよさ倍増です。そんなグラトリを習得するためにはどんな板を選ぶ必要があるのか、板選び~グラトリにおすすめの板が揃う人気ブランドまでご紹介していきます。

グラトリとは?

「グランドトリック」の略称で、平らなバーンや平地で繰り出すトリックのことを指します。板をしならせてジャンプをするオーリーやノーリー、板を回転させるスピン、どちらかの先端を浮かせるマニュアル、どちらかの先端を押し付けるプレス、いくつかのトリックを連続してつなげるコンボトリックなど、滑り手の技術やその日の気分次第でバリエーションを広げ楽しみ方も増えるトリックです。

グラトリのスタイル

グラトリを大きく分けると、2つのスタイルに分けることができます。

1.回転系

ジャンプして回転したり、雪面から板を離さずに回転するトリックのこと。

2.プレス系

板をしならせて先端を浮かせたり押し付けて、板の先端だけで滑るトリックのこと。

グラトリに合う、板選びのポイント

グラトリには、グラトリ専用の板はありません。グラトリに向く板のポイントについて解説していきます。

① 板の長さ

通常スノーボードの板の長さは「身長-15㎝」の長さを基準とし、この基準に合わせて長さに変化をつけて滑りやすさや板の操作性をアレンジします。板が長いと安定感がありますが操作性は悪く、短いと安定感はなく操作性が良くなります。

グラトリの場合、板を細かく操作する必要があるため短めの板が良いとされており、「身長-20cm前後」の長さが最適です。

② 板の形状(板を真上から見た時)

板を真上から見た時の形状には種類がありますが、ノーズとテールが同じ長さの「ツインチップ」、ノーズが長い「ディレクショナルツイン」が最適とされています。この形状の違いによって、扱いやすさが変わります。

ツインチップ

左足を前にしたレギュラースタンスから右足に切り替えるといった、板を180°回転させるスイッチスタンスを多用する場合にぴったりです。グラトリはスタンスを切り替えることが多いため、どちらのスタンスでも滑りやすい左右対称の板がおすすめです。

ディレクショナルツイン

スイッチスタンスをほとんどしない方や、グラトリだけでなくゲレンデを普通にライディングしたいという方におすすめです。グラトリもやりたいという方にはおすすめですが、自分のやりたいことやスタイルに合うものを使用します。

③ 板の形状(板を真横から見た時)

板を真横から見た時の形状にも種類があり、グラトリに向き不向きなものがあります。中でも「フラット形状」が扱いやすいとされ、その他ロッカー形状とキャンバー形状が合わさった、「ダブルキャンバー形状」も操作しやすく最適です。自分のスタイルに合う形状を選びます。

フラット形状

Burton(バートン) スノーボード 板 メンズ AMPLIFIER 157 2017-18モデル 151001 スノボ フラット ゼロキャンバー
amazonで詳細を見る

その名の通り、接地部分が平坦になった形状です。

板が雪面に引っ掛かりにくいため、扱いやすいとされています。キャンバー形状より板をコントロールしやすく、ロッカー形状よりも反発力に期待することができます。

ダブルキャンバー形状

Burton(バートン) スノーボード 板 メンズ PROCESS FLYING V 159 NO COLOR 107121 スノボ ダブルキャンバー
amazonで詳細を見る

ビンディング周辺が盛り上がり、ノーズとテールが反り上がった形状です。

逆エッジになりにくいため踏ん張りやすく、トリックを楽に仕掛けやすい構造です。オーリーに高さを出したりフリーランなど、あらゆるシーンで使える万能なタイプです。

ロッカー形状

2018 ROME FACTORY ROCKER 149cm 152cm 155cm 158cm スノーボード 板 ローム メンズ スノボ ボード ファクトリーロッカー ROME SDS 日本正規品 (155cm)
amazonで詳細を見る

U字のように、ノーズとテールが反り上がってしなっている形状です。

逆エッジになりにくいため転倒しにくく板をコントロールしやすいメリットもあり、プレス系のトリックがしやすくなります。

しかし鋭いターンがしづらく反発力も弱いため、フリーランやオーリーなどで高さを出すには難しさを感じます。

キャンバー形状

Burton(バートン) スノーボード 板 メンズ PROCESS 157 2017-18モデル 106921 スノボ キャンバー
amazonで詳細を見る

センター部分が盛り上がり、ノーズとテールの先端が反り上がっている形状です。

ロッカー形状と異なり雪面との隙間ができることで、反発力を利用しやすくオーリーで高さを出すことや鋭いターンを可能にします。

オールマイティーに使えるタイプですが、プレス系のトリックでは脚力が必要になるデメリットが挙げられます。

板のそれぞれの形状は、好みで選んでも問題はないとされていますが、自分のスタイルも考慮して選ぶことがおすすめです。

④ 板の柔らかさ・硬さ

板の柔らかさや硬さでも、グラトリに影響してきます。

柔らかい場合

柔らかいと板がしなりやすくなるため、脚力がない方におすすめで、プレス系のトリックも行いやすくなります。しかし、オーリーやノーリーなどの板を曲げた時の反発力を使うトリックがしづらくなります。それでも総合的に見て、柔らかめの板は初心者の方でも十分トリックをしやすいため人気があります。

硬い場合

板の反発力が欲しい方や高さを出したいという方、回転系のトリックを極めたいという方は硬めの板がおすすめです。初心者の方であれば、グラトリに必要な脚力もそれほどないため柔らかめの板が良いですが、スノーボードにも慣れてグラトリを追求していきたいというスタイルの方であれば、硬めの板がおすすめです。

グラトリにおすすめの人気ブランド

次に、グラトリに最適な板が揃う人気ブランドをご紹介していきます。

011artistic(011アーティスティック)

17-18 011artistic(ゼロワンワンアーティスティック) SWITCH 150cm
amazonで詳細を見る

グラトリと言ったら、外せないブランドです。グラトリ専用の板ではありませんが、グラトリに必要な機能性を備えたモデルが充実したラインナップで揃います。機能性はもちろん、日本生まれのブランドで、国内生産のこだわりも魅力的です。

次へ >> MOSS(モス)

おすすめ記事