1. スノーボード グラトリ板のおすすめとは?選び方や人気ブランドをご紹介!

スノーボード グラトリ板のおすすめとは?選び方や人気ブランドをご紹介!

スノーボード グラトリ板のおすすめとは?選び方や人気ブランドをご紹介!

目次

冬になったらスノーボードを楽しむという方も多いと思いますが、スノーボードはただゲレンデを滑るだけではありません!スノーボードを始めたらぜひ習得したい「グラトリ」というテクニックがあります。自在に板を操りながらグラトリを決めることができたら、かっこよさ倍増です。そんなグラトリを習得するためにはどんな板を選ぶ必要があるのか、板選び~グラトリにおすすめの板が揃う人気ブランドまでご紹介していきます。

グラトリとは?

「グランドトリック」の略称で、平らなバーンや平地で繰り出すトリックのことを指します。板をしならせてジャンプをするオーリーやノーリー、板を回転させるスピン、どちらかの先端を浮かせるマニュアル、どちらかの先端を押し付けるプレス、いくつかのトリックを連続してつなげるコンボトリックなど、滑り手の技術やその日の気分次第でバリエーションを広げ楽しみ方も増えるトリックです。

グラトリのスタイル

グラトリを大きく分けると、2つのスタイルに分けることができます。

1.回転系

ジャンプして回転したり、雪面から板を離さずに回転するトリックのこと。

2.プレス系

板をしならせて先端を浮かせたり押し付けて、板の先端だけで滑るトリックのこと。

グラトリに合う、板選びのポイント

グラトリには、グラトリ専用の板はありません。グラトリに向く板のポイントについて解説していきます。

① 板の長さ

通常スノーボードの板の長さは「身長-15㎝」の長さを基準とし、この基準に合わせて長さに変化をつけて滑りやすさや板の操作性をアレンジします。板が長いと安定感がありますが操作性は悪く、短いと安定感はなく操作性が良くなります。

グラトリの場合、板を細かく操作する必要があるため短めの板が良いとされており、「身長-20cm前後」の長さが最適です。

② 板の形状(板を真上から見た時)

板を真上から見た時の形状には種類がありますが、ノーズとテールが同じ長さの「ツインチップ」、ノーズが長い「ディレクショナルツイン」が最適とされています。この形状の違いによって、扱いやすさが変わります。

ツインチップ

左足を前にしたレギュラースタンスから右足に切り替えるといった、板を180°回転させるスイッチスタンスを多用する場合にぴったりです。グラトリはスタンスを切り替えることが多いため、どちらのスタンスでも滑りやすい左右対称の板がおすすめです。

ディレクショナルツイン

スイッチスタンスをほとんどしない方や、グラトリだけでなくゲレンデを普通にライディングしたいという方におすすめです。グラトリもやりたいという方にはおすすめですが、自分のやりたいことやスタイルに合うものを使用します。

次へ >> ③ 板の形状(板を真横から見た時)

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事