1. スノーボード 持ち物は?必要な道具やおすすめのアイテムもご紹介!

スノーボード 持ち物は?必要な道具やおすすめのアイテムもご紹介!

スノーボード 持ち物は?必要な道具やおすすめのアイテムもご紹介!

あると便利なもの

何度か通ううちに自分なりに必要なものを把握できるようになると思いますが、持って行くと便利なアイテムもご紹介していきます。

ヒッププロテクター

Chialstarヒッププロテクター 衝撃吸収EVA製シェルパンツ インナーヒッププロテクター 尻 腰 もも 等5点ガード メンズ レディース 男 女 スノーボード スノボ バイク スキー 初心者 ケツパッド パット (L)
amazonで詳細を見る

特に初心者の方は、あると便利なヒッププロテクター。その名の通りお尻に履いて保護するもので、転んだ際にお尻への衝撃や痛みを緩和します。さらに痛みだけでなく、ウェアのお尻部分が濡れても冷たさを和らげる役割もあります。

リフトケース

Burton(バートン) パスケース 財布 ウォレット JPN PASS CASE Grey Heather 170301 スキー スノーボード
amazonで詳細を見る

今ではウェアについているものが多いため不要な場合が多いかと思いますが、ウェアをレンタルする場合には、リフトケースが付いているかわからないため持って行くと便利です。マイウェアで行く場合には、購入時にあらかじめ確認しておきます。

ベルト

リフトケース同様、今のウェアではほとんど使うことはないのですが、ウェアをレンタルする場合にはベルトが必要なウェアもあります。今では主流なものではないので、新たに購入する必要はないですが、レンタル時には注意が必要です。

小銭入れ

リフト券の購入など、ちょっとした時にお金を出すシーンがあります。ただしスノーボード時には必要最低限の荷物を持つのみです。ちょっとした多きすぎない小銭入れに必要な分だけ入れて、ポケットにしまい持ち歩くことができるようにします。

ワックス・曇り止め類

ワックスは、初心者の方だとあまり使用する場面はないかと思いますが、ワックスを適宜使用すると滑り心地が良くなります。曇り止めとはゴーグルの曇りを抑えるもので、ゴーグルが曇ってしまっては視界が悪く危険なので、持っていると便利です。

どちらも、ゲレンデのショップで購入することができるので、必要な場合には購入します。

スノーボード ワックスの塗り方や剥がし方とは?おすすめブランドもご紹介!

>>さいごに

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>