1. ボルダリング テーピングの巻き方は?指や手を保護するやり方をご紹介!

ボルダリング テーピングの巻き方は?指や手を保護するやり方をご紹介!

ボルダリング テーピングの巻き方は?指や手を保護するやり方をご紹介!

目次

ボルダリングをしていると、避けては通れない指の痛み。

さらには、表面がざらざらしているホールドを長時間に渡って掴んでいると、指や手のひらの皮膚が薄くなり痛みが増したり、薄くなった皮膚が剥けてしまうこともあります。これを繰り返すことで、皮膚が丈夫になり素手で登る方もいますが、やはり指や手が痛くては練習になりません。

特に最初のうちは、テーピングで予防をすることが大切です。ボルダリングでのテーピング方法をご紹介していきます。

テーピングをするメリットとは?

まずは、ボルダリングを行う上でのテーピングの役割、効果を見ていきます。

① 指の皮膚を保護する

ボルダリングでのテーピングで1番の役割は、指の皮膚、手のひらの皮膚の保護することです。ボルダリングを繰り返すことで皮膚は硬くなり強化されますが、最初のうちは素手で長時間行うと痛みが出ます。さらに悪化すると皮膚が剥けることもあるので、けがを防ぎ、十分な練習を行うためにも皮膚を保護して練習をします。

② 関節の保護にも

様々なスポーツでも関節の痛みの悪化を防ぐためにテーピングを利用しますが、ボルダリングでも同じです。指に力を入れることも多いボルダリングでは、皮膚だけでなく関節に痛みが出ることもあります。そのためにもテーピングを巻いて痛みを緩和させ、また予防としてテーピングを巻いておくことも効果的です。

③ 指の皮膚の強化になる

素手でスムーズに壁を登っていく方のほとんどは、ボルダリングに慣れた、皮膚が硬く丈夫な方です。また皮膚を強化させるために素手で登る方もいます。しかし、テーピングをしていても皮膚は強化されます。痛みで存分に練習ができないのでは元も子もないので、慣れるまではテーピングを使うことをおすすめします。

ボルダリングでよく痛む場所とは?

ボルダリングを始める前に、負担のかかりやすい、痛みやすい場所を頭に入れておきます。そうすることで、テーピングで補強しておく場所が把握でき、しっかりとした予防に繋がります。

  • 第一関節と第二関節の間の中節
  • 第二関節と第三関節の間の基節

この2ヶ所は、ホールドを掴みぶら下がることで負担がかかりやすく痛みやすい場所とされており、あらかじめ皮膚を保護するようテーピングを施しておくと効果的です。

またボルダリングを行う中で、指の付け根部分など自分が痛みやすい場所も分かってくるため、徐々に補強していくと良いです。

【注意点】

第一関節の先/指先を末節と言いますが、この部分は皮膚が厚く丈夫な場所です。そのため、ボルダリングによって傷めてしまうということはほとんどないとされています。

また、この部分にテーピングを施してしまうと、感覚が伝わりにくくなり、また滑りやすい状態になってしまうため、ホールドを掴みにくくなってしまいます。

末節部分にテーピングが必要になった場合には、休息が必要と言えます。

テーピングテープには種類がある

ニチバン バトルウィンテーピングテープ 非伸縮タイプ 25mm幅 12m巻き 2巻入り
amazonで詳細を見る

ボルダリングで使用するテープは、薬局やドラッグストアで売っているもので十分ですが、厚みのあるタイプが多く、指の曲げ伸ばしにやりづらさを感じることがあります。

ボルダリングジムで販売されているものは、専用ツールなので指の動きにも対応して薄く作られており快適にボルダリングを行うことができます。

ここから詳しくテープの種類を見ていきます。

① 非伸縮と伸縮

「非伸縮の伸びないテープ」と「伸縮の伸びるテープ」があります。伸びないテープは、強い固定や圧迫を目的とし、皮膚の保護や関節の保護にも使われます。伸びるテープは可動制限や固定、圧迫を目的とし筋肉の保護や治療としても使われます。上手に使い分け、適切に可動範囲の制限や圧迫を行い、悪化を防ぎます。

② テープの幅

12mm、20mm、25mm、38mm、45mm、50mm など、テープの幅にも種類があります。使う箇所に合わせて、テープの幅を変えて使用します。一般的には、細いテープは指、中間のテープは手首や足首、太いテープは肩やひじ太ももなど、テーピングが必要な箇所に合わせて幅を使い分けることで、効果的に処置を施します。

テーピングの巻き方

テーピングの役割や効果が分かったところで、次に巻き方を詳しく見ていきます。テーピングには様々な方法がありますが、初めてボルダリングでテーピングをするという方にもやりやすいよう、【簡単】【はがれにくい】【動かしやすい】この3つに注目した巻き方を見ていきます。

今回は指の皮膚を保護し、けがや痛みを予防するための方法になります。

【準備するもの】

テーピング

ボルダリングでのテーピングは、ほぼ皮膚の保護のために行います。そのため、非伸縮タイプのテープを使用します。また主に指に使用するため、12mm~13mmの1番細いものを使います。

【巻き方】

中節と基節の保護を行っていきます。

1.テープを少し出して、中節部分の端から1周巻きます。

2.1周したら中節の腹部分から斜めに基節の方向に向かって巻きます。

3.そのまま基節を1周し、基節の腹部分から中節に向かって斜めに巻きクロスします。

4.最後に中節で1周してテープを切って完了です。

5.基節部分をもう一度一巻きしておくと、よりはがれにくくなります。

この方法であれば、中節と基節の腹部分をしっかりと保護することができます。さらに第二関節部分はテープに覆われていないため、指が曲げやすい巻き方になります。また、伸ばす方向に動かしにくいため、関節の保護にも役立ちます。

関節の保護用のテープもあるので、強化したい部分に合わせて使い分けるようにします。

また、指の付け根部分も痛みまめができやすい部分とされますが、この部分は覆うようにして1~2周巻くことで、予防することができます。

次へ >> テープを巻く時のポイント

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事