1. ボルダリングに筋肉は必要?!上達に必要な筋肉と効果を解説!

ボルダリングに筋肉は必要?!上達に必要な筋肉と効果を解説!

ボルダリングに筋肉は必要?!上達に必要な筋肉と効果を解説!

目次

人気急上昇中のボルダリング。ボルダリングは、場合によっては力任せに登ることもありますが、ほとんどは体全体を使って体重のかけ方や振り方で起きる力を利用して登り、極力体力の消耗を抑えて登ります。

どうすれば、体力の消耗を抑えることができるのか。それは筋肉にも秘密があるのです。ボルダリングで使う筋肉、使われる筋肉の仕組みを知ることで、上達にも繋がります。今回は筋肉にスポットを当てて、解説してまいります。

ボルダリングとは?

ボルダリングを趣味とされている方にとっては知っている情報かと思いますが、これから始める方にボルダリングというスポーツについてまず説明していきたいと思います。知っているという方も復習を兼ねて確認してみてください。

2020年の東京オリンピックの正式種目になったスポーツです。ホールドと呼ばれる壁についた突起を掴んで登っていくという競技で、フリークライミングの一種でもあります。

クライミングと異なるボルダリングの特徴としては、命綱などを装着せずに体だけで壁を登ることが挙げられます。壁の高さは5mほどで、落ちても安全・安心のために床にはマットが敷かれています。準備するものが少なく誰でも気軽に楽しめるスポーツと知られ、屋内でも楽しめるようにジムも増え、より気軽に始められるスポーツとして人気が高まっています。

ボルダリングのメリット

そんな気軽なボルダリングですが、ボルダリングをしていると嬉しいこともあるのです。

健康維持・運動不足のために

難易度が振り分けられているため、自分の体力に合わせて運動不足の方や健康のために体を動かしたいという方におすすめのスポーツです。どんな方でも挑戦しやすく、体力や筋肉に自信がないという方でも始めやすいのも魅力です。

体幹を鍛えられる

ボルダリングで重要な体幹ですが、ボルダリングを続けることで鍛えることができます。この体幹が鍛えられることで、ダイエットにも効果を期待できるのです。さらに運動力が高まり、姿勢矯正や体の引き締まり、加齢によるけがの予防にも繋がります。

ダイエット効果にも◎

体幹が鍛えられることでダイエット効果が高まりますが、女性らしいしなやかな筋肉を鍛えられるのも魅力です。きれいなボディラインを手に入れながら、ゲーム性の高いボルダリングで、モチベーションを下げずにダイエットを続けることができます。

ボルダリングの上達に筋肉は必要?

ボルダリングは体力の消耗を抑えるために、体全体を使って動くことや体重による体の振りを使って動くことなどがポイントとされています。そのため、使わない筋肉がほとんどないとも言えます。それでも、部分的に筋肉を強化しておくことで、よりムーブのこなし方が向上しステップアップにも繋がります。

次に、ボルダリングで使われる筋肉、そしてその筋肉のボルダリングでの役割について詳しくみていきたいと思います。

ボルダリングで使う筋肉、その役割とは?

体幹

インナーマッスルとも呼ばれ、お腹周りや腰回り、お尻回りや背中回りの筋肉のことを指します。

【役割】

筋肉を使って動くために必要不可欠なものであり、ボルダリングでも欠かせない体幹は、ボルダリングでも鍛えることができます。ボルダリングの上達の近道は、この体幹を鍛えることが効果的だとも言われ、クライミング中の姿勢を維持しながら体力の消耗を抑え、力をコントロールすることができるようになります。

前腕・前腕屈筋群

肘から手首までの部分のことを指します。

【役割】

前腕には指先に繋がる筋肉が複数存在し、この複数の筋肉は総称として前腕屈筋群と呼ばれます。そしてホールドを掴む時の指や手の筋肉は前腕を鍛えることで強化することができ、安定したホールディングができます。疲労が溜まりやすい部分でもあるため、この前腕屈筋群を意識してコツコツと鍛え続けることが大切です。

上腕二頭筋

上腕の前面にある部分で、力こぶができる部分が上腕二頭筋です。

【役割】

腕を曲げて体を持ち上げる働きをサポートする働きがあり、ボルダリングに欠かすことのできない筋肉の一つです。ホールドに体を引き付けた状態を維持する際や、ステップアップして強傾斜の壁を攻略する際に大切になってきます。しかし、小さい筋肉のため疲れやすく、上達させるためには鍛えておくことが大切です。

上腕三頭筋

上腕二頭筋の裏側の部分で、腕の筋肉の2/3が上腕三頭筋と言われています。

【役割】

壁の一番上のホールドに到着した際、最後はその壁に這い上がることがあります。そんな時に重要になってくるのが上腕三頭筋です。この上腕三頭筋は、体を押して這い上がるという働きがあります。腕立て伏せで鍛えることができ、腕立て伏せなら上腕二頭筋も鍛えることができるため一石二鳥です。

腹筋

お腹の骨格筋のことを指し、腹壁を形作る筋肉の総称です。

【役割】

ボルダリングは腕の筋肉だけで登ることはできません。それは、腕だけで登ろうとすると腕が伸びた状態で体を支えることになり、体力を消耗し疲労が溜まってしまうためです。そのため傾斜のある壁を攻略するためには腹筋も大事な筋肉で、体を壁に引き付けながら登るためには重要な部分になります。

広背筋

背部の筋肉のことで、脇下から脇腹の逆三角形を成した筋肉です。

【役割】

ボルダリングで最も使われる筋肉とされているのが、広背筋です。特に遠くのホールドを掴んで体を引き上げるためには広背筋の筋肉が重要になります。さらに広背筋だけに限らず、肩や背中の筋肉は体を引き上げる際に広背筋と一緒に働く作用があります。そのため、肩や背中の筋肉も鍛えることも大切です。

懸垂は、肩や背中全体の筋肉を鍛えることができるのでおすすめです。

次へ >> ふくらはぎ

おすすめ記事