1. BMXとは?初心者必見!

BMXとは?初心者必見!

BMXとは?初心者必見!

目次

BMXとは?

Bicycle Motocross(バイシクルモトクロス)の略で自転車競技の一種です。 自転車(Bicycle)で行うモトクロス(Motocross)という意味で、1970年代初期にアメリカ・カリフォルニア州の子供たちが自転車でモトクロスを真似た事から始まっています。

2008年、北京オリンピックにて正式種目に採用され日本からは阪本章史選手が唯一人代表に選出され出場しています。2017年には日本初のプロBMXチームGANTRIGGERを立ち上げ、日本でも人気が急上昇しているスポーツです。

BMX 競技の種類

大きくは2種類で、「レース」と「フリースタイル」に分けられます。簡単に言えばレースは速さを競うもの、フリースタイルは技を競うものです。

  • レース:400m程のジャンプ台やコーナーなどを含むコースを最大8人のレーサーが一斉に走り、その着順を競います。BMXはMTBやロードレースよりも自転車が小さいこともあり、幼い子どもも始めやすいです。
  • フリースタイル:制限時間内で自由に技を入れていき、難易度・独創性を元に決められた合計得点を競います。エクストリームスポーツであり、X Gamesの一種目です。

さらに詳しく知りたい方はこちら

BMXの種類とは?実は6種類もあるその競技を徹底解説!

BMX, MTB, ロードレースの違い

自転車競技には様々な種類があるため、[BMX, MTB, ロードレース]の3つに絞りその違いについてご説明します。

BMX(バイシクルモトクロス) MTB(マウンテンバイク) ロードレース
競技の種類 レース&フリースタイル レース レース
年齢 5歳 - 60代まで幅広く 14歳 - 60代まで幅広く 30代 - 60代の方が多い
自転車の大きさ 通常よりやや小型
(ホイール20インチ)
通常よりやや大きめ
(ホイール26 - 29インチ)
個別に寸法を測定
自転車の相場 5万円 - 10万円 5万円 - 10万円 10万円 - 15万円(より高価なもの有)
レースの構造 競技用に人工的に作られる 舗装されていない道(山道等) 舗装されている道(長さは様々)
ジャンプ有無 有り(技を入れることも可) 有り 無し

BMXは年齢層も幅広く、値段も他より安価であり、色んな技を取り入れ自分なりのスタイルを構築出来るスポーツです。

BMX購入について

ご自身の興味のあるBMXのジャンルが決まった所で、自転車の購入についてご説明します。

①インターネットで自分の好みの自転車を探す
(レース or フリースタイルのみならず、BMXには種類が豊富なためある程度目星を付ける)
②店頭でご相談の上、その場で購入 or オンラインで購入
(中古の商品等もネット上で購入が出来ます)

■初心者の方の場合、同時に購入をおすすめするもの

  • ヘルメット(倒れた際に、頭を保護)
  • バーエンド(倒れた際に、ハンドルを保護)
  • 空気入れ(1台あると便利)
  • メンテナンス用の工具(アーレンキー, ソケットレンチ)

BMX 購入をご検討中の方におすすめの記事はこちら

BMXおすすめのメーカー・ブランドと特徴をご紹介!
BMX ヘルメットやウェアなど 自転車以外に必要なものとは?

BMXの練習場所

自転車の購入後は早速練習に行きたいと思われます。「スケートパーク」という場所が全国に点在していますので、ご自宅よりお近くの場所をお調べになって練習をしてみてください。


■注意事項
ご自宅周辺や近くの公園等は周りの方のご迷惑になるため、
必ず練習場や指導者のいる教室等で実力と技を磨いていってください。

関連記事はこちら

BMX 自転車の特徴とは?!競技ごとの特徴をご紹介!
BMXのジャイロブレーキとは?ハンドルを回しても絡まないのはなぜ?!
BMXのハンドルバーの選び方とは?その特徴を解説!

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事