1. スケボー メンテナンス方法と道具をご紹介!ウィールやベアリングなど

スケボー メンテナンス方法と道具をご紹介!ウィールやベアリングなど

スケボー メンテナンス方法と道具をご紹介!ウィールやベアリングなど

目次

スケートボードを購入したばかりという方も、スケートボードは昔からやっているという方も、かっこいいスタイルを追求して楽しんでいるかと思います。しかし、しっかりとスケートボードのメンテナンスは行っていますか?大事な相棒であるスケートボードも、メンテナンスをすることでもっと楽しく、そして安全に乗りこなすことができるのです。今回はメンテナンスの方法について、詳しく紹介していきます。

スケボー 初心者がこれだけは始めに知っておきたいポイントまとめ

メンテナンスについて

スケートボードは使っているうちに、様々な部分が消耗し破損してしまいます。これを放置しておくとスケートボードに微妙なズレが生まれ、けがに繋がることもあるのです。スケートボードに乗る前にしっかり点検し、必要な場合にはメンテナンスをするようにして安全に楽しむことができるようにすることが大切です。

ではここからは、パーツごとにメンテナンスの方法を紹介していきます。

ベアリングのメンテナンス方法

ウィールの両端に設置するベアリングは、1つのウィールに対して2つ設置して1台のスケートボードで8つ使われます。このベアリングは、「オイルベアリング」と「グリスベアリング」の2種類に分けることができます。これはベアリング内に使われる潤滑油がオイルかグリスかで分けられています。

チェックポイント

そもそも、ベアリングはウィールで発生しやすい摩擦を軽減して、ウィールの回転を維持することができます。ベアリングにはABECという品質を示す指標があり、数字が大きくなるほど高品質でスピード性が高くなります。

これらからもわかるように、ベアリングはスピードを左右する重要なパーツです。

そしてメンテナンスは、定期的に行うことが大切で、「何回滑ったらチェックしよう」と、自分でタイミングを決めておくと良いです。そんなこと忘れてしまうという方は、「何だか走りが悪い気がする」と思ったら必ずチェックをするようにします。

オイルベアリング

ベアリング
NINJA ベアリング SUPERAIJING 雷神 オイル 8個入り ABEC7
amazonで詳細を見る

軽さを感じるような回転で、スピードを出しやすいのが特徴です。しかし、流動性が高く気密性が低いためゴミやほこりが付きやすいです。オイルの膜も薄いため傷がつきやすく、長く使用するためにはこまめにメンテナンスを行う必要があり、ベアリング内部にオイルを点します。

メンテナンス方法

  1. 精密ドライバーなどを使って、ベアリングからシールドを外します。
  2. ブレーキクリーナー・灯油・無水エタノールのどれかを使用してベアリングの汚れを落とし、ベアリングは自然乾燥させます。
  3. 乾燥後、ベアリング用のオイルを1~2滴点します。
  4. しっかりとシールドをベアリング本体に取り付けます。
  5. ウィールに取り付けて完成です。

道具

オイルベアリング
NINJA ベアリングオイル ボトルタイプ
amazonで詳細を見る
  • スケートボード専用ツール
  • スパナ(専用ツールがない場合に代用)
  • 精密ドライバー(専用ツールがない場合に代用)
  • ブレーキクリーナー/灯油/無水エタノール のいずれか
  • ベアリング用オイル

グリスベアリング

グリスベアリング
THE BEARING X10 スケートボードベアリング (グリスタイプ)
amazonで詳細を見る

粘性が高いためゴミやほこりが付きやすく、回転が重いというデメリットがあります。しかし、流動性が低く気密性が高いため内部までゴミやほこり、そして水が入りにくい特徴があるのです。

そのため外的な破損がない限りは、オイルベアリングのように定期的なメンテナンスは必要ないとされています。

メンテナンス方法

  1. ウィールからベアリングを取り外します。
  2. 乾いたタオルなどで、ごみやほこり、汚れをふき取ります。

ウィールに取り付けて完成です。

道具

  • ウエス(タオルや布など)

【ベアリングの取り外し・取り付け方】

  1. スケートボード専用ツールでアクスルナットを外します。
  2. アクスルシャフトをウィールのベアリング内部に引っ掛けて、ベアリングを取り外します。強くやりすぎると傷んだり壊れる原因になるので、栓抜きのような感覚でやると良いとされています。

これで、取り外しは完了です。

  1. アクスルシャフトに、シールド面を下にしたベアリングを置きます。
  2. ベアリングの上にウィールを置いて、ベアリングを真っ直ぐに押し込みます。
  3. ベアリングの上にワッシャー、ベアリング、スペーサーの順に重ねて再び押し込みます。
  4. ウィールを装着し、ワッシャーを取り付けてアクスルナットで締めます。

これで、取り付けが完了です。

道具

ツール
Stoke! Skate T-tool スケートボード用ツール
amazonで詳細を見る
  • スケートボード専用ツール
  • ペンチ/レンチ(専用ツールがない場合に代用)

スケボー ベアリングの選び方は?ベアリングの人気ブランドもご紹介!

次へ >> ウィールのメンテナンス方法

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事