1. スケボー ブッシュゴムとは?!重要なパーツ「ブッシュゴム」を詳しく解説!

スケボー ブッシュゴムとは?!重要なパーツ「ブッシュゴム」を詳しく解説!

スケボー ブッシュゴムとは?!重要なパーツ「ブッシュゴム」を詳しく解説!

目次

スケートボードは複数のパーツを組み合わせて作り上げます。その中でも1番複雑で1番重要なパーツと言われているのが「トラック」と呼ばれるパーツです。トラックは車軸の役割があり、重心移動でターン性能を再現するパーツです。

スケーターの細かいこだわりを再現するパーツで、各ブランドから様々なトラックが販売されています。トラックの中には「ブッシュ」と呼ばれるパーツが埋め込まれており、ブッシュの締め具合でターン性能を調整することができます。

今回はトラックの中のパーツである「ブッシュ」について掘り下げて解説していきます。

ブッシュゴムの役割

ブッシュゴム
インディペンデント ( INDEPENDENT ) CUSSIONES STANDARD CYLINDER SOFT 88a スケボー トラック スケートボード クッシュ ブッシュゴム
amazonで詳細を見る

ブッシュゴムとはトラックの中心にある太いネジ(キングピン)に挟んでいるゴム状のパーツです。2つのブッシュゴムでトラックを挟むようにしてトラックとデッキは繋がっています。

ブッシュゴム自体にも色々な硬さが用意されていますが、キングピンの締め付ける強さでもブッシュゴムの弾力性を調整できます。つまり「ブッシュゴムの硬さ」と「キングピンの締め付ける強さ」この2つでスケボーのターン性能が決まります。

ブッシュゴムの種類

ブッシュゴムはトラックを販売しているメーカーなら必ず販売しています。ブッシュゴムは基本的にトラックと同じメーカーのブッシュゴムを選ぶとよいでしょう。バラバラのメーカーのトラックとブッシュゴムを取り付けようとしても、メーカーによって取り付け幅やブッシュゴムの形状が若干変わるので上手くはまらないことがあります。

ブッシュゴムの硬さ

ブッシュゴムは硬さによって性能が変わります。数字が大きければ大きいほどブッシュゴムは硬くなります。数値が大きくなるほど硬くなるのは、ウィールと同じですね。

代表的なトラックメーカーのTHUNDERを例にすると、90.94.97.100と4段階の硬さでブッシュゴムを販売しています。

勿論メーカーはTHUNDERのトラックに合わせてブッシュゴムを設計しているので、他のメーカーのトラックにTHUNDERのブッシュゴムを組み込むのは推奨していません。

ブッシュゴムは柔らかければ柔らかいほど、少しの力でターンがしやすくなります。しかし同時に安定感が失われます。

硬いブッシュゴムはターンがやりにくくなりますが、簡単にデッキが傾かないので安定感が増します。

ブッシュゴムの硬さの好き嫌いは人それぞれで、柔らかいセッティングにして細かくクイックなターンを好む人もいれば、固めで安定感のある走りがやりやすいと感じる人もいます。

スケボーの中でも1番重要なパーツ、トラックについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

スケボー トラックの選び方とは?人気のトラックブランドをご紹介!
次へ >> ブッシュゴムの調整方法

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事