1. スケボー トラックの選び方とは?人気のトラックブランドをご紹介!

スケボー トラックの選び方とは?人気のトラックブランドをご紹介!

スケボー トラックの選び方とは?人気のトラックブランドをご紹介!

目次

1台のスケートボードは色々なパーツが集合し、組み合わさることで完成しています。

トラックとはデッキ(板)の下に付く金具で、ベアリング・ウィールを繋ぐパーツです。スケボーの部品の中で最も多くの部品で構成されているパーツで、スケーターの細かい要求を再現する役割もあります。

トラックは各ブランドから発売され、各スケーターの好き嫌いがハッキリと別れるパーツです。ウィールに次いで乗り味に大きく関わってくるパーツなので、正しい知識、自分に最適なトラックの選び方は覚えておきたいパーツです。

今回はトラックの持つ役割、トラック種類や選び方を解説いたします。

トラックの持つ役割

トラックはデッキとウィールを繋ぎ、車軸の役割があるパーツです。スケボーはトラックにかける負荷、体重移動により方向転換をします。これはトラックがステアリングの役割を果たしているので実現しており、スケボーにトラックが無ければターンやスラロームはできません。

トラックは耐久性もあり、自分の癖にあわせて調子するパーツなので、スケボーのパーツの中で一番長く愛用するのが一般的です。トッププロのスケーター達はデッキやウィールよりもトラックを大切にしている傾向があり、ファンサービスでデッキやウィールはプレゼントしてもトラックだけは渡せないというほどです。

トラックも勿論デッキやウィール、ベアリングと同じように消耗品ですがスケボーの中でも長く愛用するパーツなので、消耗品というよりはスケーターの相棒的な要素が強くあります。

初心者や素人目からみるとスケボーで一番大切なパーツはデッキと思いがちですが、実はトラックこそがスケボーの魂とも言えるパーツなのです。

トラックの高さによる種類

トラックは高さにより「HI(ハイ)」と「LO(ロー)」の2種類に分かれます。文字通りHIトラックは高さを示しており、地面からデッキの距離が高くなります。それぞれ扱いに特徴があるので解説いたします。

LOトラック

トラック
【VENTURE】ベンチャー 5.25 Lo ロー シルバー Original Classic トラック(スケートボード)
amazonで詳細を見る

LOトラックは車高が低く、安定感のあるトラックです。車高が低いスケボーはてこの原理が効きやすくなるので弱い力でもテールを弾きやすく、オーリーがより簡単に出しやすくなります。テールを弾きやすくなる代わりに、弾いた後の上に向かう力が弱くなるので、オーリーの高さを出すのは多少難しくなる側面も持ち合わせています。

LOトラックは車高が低くなるのでトラックの可動域が狭くなり、HIに比べるとターン性能が若干落ちます。

LOのトラックでサイズの合わないウィールを取り付けるとデッキを傾けた時にウィールがデッキに当たる「ウィールバイト」という状態になり、ブレーキが掛かってしまいます。メーカーにもよりますが、LOトラックは53㎜くらいまでのウィールが限界です。

次へ >> HIトラック

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事