1. スケボー ウィールの選び方とは?ウィールの人気ブランドもご紹介!

スケボー ウィールの選び方とは?ウィールの人気ブランドもご紹介!

スケボー ウィールの選び方とは?ウィールの人気ブランドもご紹介!

目次

1台のスケートボードは色々なパーツが集合し、組み合わさることで完成しています。ウィールとはスケートボードのタイヤのことです。スケボーのウィールは分かりやすく乗り味が変わるパーツなのでスケーター達も非常にこだわるパーツです。

ウィールは各ブランドから様々な種類やサイズが販売されており、多種多様なウィールの中から自分の求めているウィールを選び出すのは大変です。

今回はウィール(タイヤ)の種類、自分に合ったウィールの選び方を解説致します!

ウィールの種類

スケボーに装着されているタイヤはウィールと呼ばれ、スピード感や安定性を左右し乗り味に大きく影響します。ウィールの種類は大きく分けて「ハードウィール」と「ソフトウィール」の2種類に分かれます。

ハードウィール

ハードウィール
【SM BLANKS】スケートボード ウィール 52mm×30mm STD(99A) ”HIGH GRADE” 白 軽量208g

ハードウィールは一般的なトリックを繰り出すスケートボードを想定して設計されたウィールです。名前の通り固めに作られており、スケーターに地面を滑る感覚が直に伝わります。スケーターの細かい足の動きをスケートボードに反映するのでトリックをするにはハードウィールが定番です。

ただしハードウィールは地面を滑る感覚をダイレクトに足に伝えるので、荒いアスファルトなどの悪路ではスピードが出にくく、大きい走行音がするので苦情の原因にもなりやすい反面もあります。

ソフトウィール

ソフトウィール
【SM BLANKS】Mini ソフトウィール ストリート形状 ★52mm 85A 高反発★ 悪路向 静音 LONE BEAR 白 (スケートボード)
amazonで詳細を見る

ソフトウィールは柔らかなウィールで地面の衝撃を吸収してくれるので走行音が静かです。路面が悪い場所でも比較的走行しやすく、クルージング(滑り)を楽しむのに最適なウィールです。別名でクルーザーウィールとも呼ばれます。

ソフトウィールは気持ちよく快適に滑ることに特化して設計されているので、トリックを繰り出すことは考えられていません。

スケボートリックには横滑りさせる動きが必須です。ソフトウィールは大きく、柔らかい素材で作られているのでトリックを繰り出すにはグリップ力が効きすぎてしまい、横滑りさせる動作が非常に難しくなるのでトリックに不向きとなります。

ウィールの硬さ

ウィールの硬さは数値により表されます。ハードウィールは95~101が一般的な数値で、平均的です。ソフトウィールは78~80位が多く販売されています。

数値が高ければ高いほど硬いウィールとなり、地面の衝撃がスケーターにダイレクトに伝わります。そのぶんスケーターも繊細なコントロールが可能となります。

ハードウィールの中でも柔らかめ~固めが存在し、基本的には数値の高い硬いウィールほど足の動きが反映されトリックがやりやすくなります。しかし硬いウィールだと路面の荒いアスファルトのような場所では地面からの衝撃が足に伝わりやすく、滑りにくいと感じるでしょう。100を超えるような数値のハードウィールは初心者が扱うには難しく、上級者が好んで使うウィールとなります。

アスファルトなど一般的な街の路面で滑る場合は98、99程度の硬さがおすすめです。やや柔らかく、路面の衝撃を吸収しつつもグリップが強すぎない丁度良いバランスで調整されているので、場所を選びません。

101などのハードウィールの中でも特に硬いウィールは、整備が整っているパークで圧倒的な力を発揮します。整備が整っているパークと硬いウィールの組み合わせは最強です。

頻繁に走る場所が少し粗めのアスファルトという人は95~97の柔らかめのウィールを選ぶと良いでしょう。

ウィールには98、99などの数値の後に、A・S・Dという単位が記載されています。A・S・Dというのはブランドによる単位の違いで誤差はほとんどありません。ウィールのを選ぶ場合は大きさと数値にに着目して選びましょう。

次へ >> ウィールの大きさ

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事