1. スノーボード ドメスティック人気ブランド「ノベンバー(NOVEMBER)」をご紹介!

スノーボード ドメスティック人気ブランド「ノベンバー(NOVEMBER)」をご紹介!

スノーボード ドメスティック人気ブランド「ノベンバー(NOVEMBER)」をご紹介!

目次

NOVEMBERとは

18-19 NOVEMBER ノベンバー スノーボード ARTISTE アーティスト ノーベンバー メンズ サイズ オールラウンド 板 (ARTISTE_Mens, 150cm)
amazonで詳細を見る

2002年に設立されたNOVEMBER(ノベンバー)は正式名称《NOVEMBER Snowmaterial(ノベンバースノーマテリアル)》と言います。

1912年創業の世界に誇るスキー板製造会社【株式会社 小賀坂スキー製作所】の自社ブランドで、板個別で専門性を持たせ、ユーザーの滑りかたに合わせてさまざまな種類の板を販売しています国内生産ということもあり非常に質が高いことでも有名で、どんな状況であってもユーザーの期待にこたえてくれるブランドです。

今回はそんなNOVEMBERの板を詳しく解説していきます。

NOVEMBERの特徴

NOVEMBERは板に対してかなりこだわるブランドです。ここではNOVEMBERの板の主だった特徴を書き出していきます。

素材一つからのこだわり

NOVEMBERの板は素材一つとってもこだわりを感じさせます。スノーボードの板の命とも言うべきウッドコアはさまざまな種類の板を組み合わせたものでノーズからテールの先まですべて使用しており、滑走中の制御を容易にできるようにしてあります。

また補強剤として使用されているリボン状の高密度ポリエチレンファイバー”ダイマーニ”やカーボンを使用しており、もともとの板の素材の性能を飛躍的に上げることに成功しています。

長年積み重ねてきた経験と技術力が生み出す芸術品

NOVEMBERは技術力も素晴らしく、板の両足の下あたりにさまざまな形の特殊グラスファイバー製を仕込むことによって板の専門性を高めることに成功しています。また4種類の微妙なキャンバーの違いは滑走時に確かな変化を感じることができ、その板の完成度の高さは一つの芸術品とも言えます。

専門性の高い板

NOVEMBERは滑りかた別に特化した板に分けられているのも特徴のひとつで、それらはすべて高いレベルでまとめられています。これによりどんなユーザーの要望にも対応できるので満足度も非常に高いです。とはいえ専門以外の滑りかたができないというわけではなく、他の使い方をしても十分楽しめる完成度を誇ります。

17-18 NOVEMBER ノベンバー スノーボード KAILA カイラ ノーベンバー スロープスタイル ビッグエアー (KAILA, 151)
amazonで詳細を見る

NOVEMBERのテクノロジー

NOVEMBERは長年培ってきたさまざまなテクノロジーを板に詰め込んでいます。下からは代表的なテクノロジーを4種類紹介します。

フルレングスウッドコア

フルレングスウッドコアとは板のノーズからテールまでウッドコアを使用して製作した板のことを指します。その中でもいくつかのテクノロジーがあり、NOVEMBERの中ではそれぞれ【WOODWORK PROCESS】【SUPER LIGHT PRO CORE】【SUPER LIGHT CORE】と名称しています。

WOODWORK PROCESS

板の左右のバランスを極力均等にするために最初に板の2倍の厚みでウッドコアを組み上げ、それを半分に切断し反転させたものを接合する技術です。

SUPER LIGHT PRO CORE

木材が本来持つ反発力を失わせずにねじれを持たせる技術です。つまり強いフレックスを持ちながら柔らかいトーションを持つウッドコアを作ることができます。

SUPER LIGHT CORE

軽量化が可能なエリアと強度が必ず必要なエリアを計算し、木材を適材適所で配置することで軽く強靭なウッドコアを作成する技術です。

A.P.A PLATE

A.P.A PLATEとは【Active Power Armor Plate(アクティブパワーアーマープレート)】の略で、板の足の下に特殊な形をした特殊グラスファイバー製のプレートを仕込むことによってより板の専門性を際立たせる技術です。18-19現在4種類のプレートが準備されており、板の特性に合わせて選ばれています。

キャンバー形状

18-19シーズン現在、NOVEMBERでは4種類のキャンバー形状のモデルを用意しています。名称はそれぞれフルキャンバー・フリーキャンバー・ローキャンバー・パウダーキャンバーと分けられており、専門性を高めた板に合わせてユーザーをしっかりサポートしてくれます。

ソール

NOVEMBERはソールに関してユーザーがストレスを感じないようにかなり気を使っています。

ソールのフィニッシュはハイエンドモデルからエントリーモデル・キッズモデルまで滑走能力を最大限に引き出せるように仕上がりまで十数回に及ぶ段階を踏んでいます。NOVEMBERはこの工程にかなりの手間と労力を注ぎ込んでおり、世界中で見ても屈指の仕上がりの質を誇ります。また一本一本手作業でソールの仕上げをおこない、一切の妥協を許さない徹底ぶりも注目すべきポイントです。

ソールには他にも船底のような丸みを帯びたものの作成もおこなっている点も特徴的です。さらにエッジも最初から滑走面に対して0.5度から1度程度のビベリングがされており、余計なエッジのひっかかりが無いようにしてあります。

18-19 NOVEMBER ノベンバー スノーボード DESIRE デザイア ノーベンバー グラトリ メンズ サイズ 板 (DESIRE_Mens, 150cm)
amazonで詳細を見る

次へ >> NOVEMBERのモデルラインナップ

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事