1. MTB(マウンテンバイク)とは?

MTB(マウンテンバイク)とは?

MTB(マウンテンバイク)とは?

目次

昨今、スポーツ自転車はその市場を拡大させていますが、中でも市場をリードしているMTB(マウンテンバイク)について知っていますか?

他のスポーツ自転車である、ロードバイクやクロスバイクとどこが違うのでしょうか。

MTB(マウンテンバイク)とは

MTBは1970年代にアメリカの若者たちがビーチクルーザーや実用車に太いタイヤを履かせて山道を走行し始めたのがきっかけです。最初は下り坂でしか乗ることはできず、また、すぐに壊れてしまうために改良を重ねて現在のようなモデルになったとされています。そしてスポーツバイクの1種として認識され、現在のモデルになりました。

MTBの特徴

MTBはオフロードを走るのに適している自転車であるといえます。オフロードとは未舗装の他の自転車では走行することが困難な道路や、山・林などの荒道、段差などの障害がある道のことをさします。

MTBの特徴としては、オフロードを走りきるだけの耐久性、太いタイヤ、強力な制御能力を持つ「ディスクブレーキ」と「フロントサスペンション」という前輪からの衝撃を吸収するために前輪とフレームを繋ぐパーツが導入されていることです。

しかし、このような特徴に対して、ロードバイクやクロスバイクに比べてると最も車体に重量があり、1番スピードの出ないタイプになっています。

特徴①ディスクブレーキ

ディスクブレーキとは本来自動車やオートバイに使用されていたブレーキ機能をMTBにも導入したものであり、現在は多くのMTBに採用されています。

通常のブレーキである「カンチブレーキ」や「Vブレーキ」が作動する時はタイヤが泥をかきあげてしまい、タイヤ上部に溜まりやすくなってしまいます。

その結果、ブレーキシューに泥が入りこんで、ブレーキが作動しにくくなってしまうのですが、ディスクブレーキはこの影響を受けにくいところにつけられているので、泥・土・雪などの障害があっても高い制御能力を保持しています。

特徴②フロントサスペンション

一般的な自転車に乗っていて、歩道から車道におりる時の段差などで、自転車が「ガクン」とずれるような経験をしたことがある人はいませんか?これが起きる原因は、段差によって車体とタイヤがずれることが理由です。

マウンテンバイクは荒れた道での乗車を目的として作られているので、必然的にこのような路面状況で走行することが多くなります。その時に、ずれの幅を小さくしてくれるのがサスペンションと呼ばれるパーツになります。

特にMTBでは車体のフロントについている「フロントサスペンション」が採用されていることが多く、前輪から地面に着地したことによる衝撃を少なくしてくれます。

MTB の魅力とは?女性や子供でも気軽に楽しめるスポーツ

MTBの魅力は主に2つです。女性や子供でも気軽に楽しむことができる自転車なので、是非乗ってみてください!

魅力①オフロード走行

MTBの最大の魅力がオフロード走行です。特に山や林の中の荒れた道でも、難なく乗りこなすことができる自転車はMTBだけです。

もともと下り坂をいかにスピードを出して降りることができるのかという遊びもあったので、その楽しさをそのまま受け継いで爽快感を感じることができます。

特に自然を走行していると、同じ山でも場所によって砂や泥だったり、大きい石や小さい石が混在していて、同じ特徴を持った道を走行することはほとんどありません。こういった自然の変化を感じながら楽しむことができることがMTBの魅力であると言えます。

魅力②街中走行

ロードバイクやクロスバイクほどスピードは出ませんが、MTBでも街中を走行することはできます。タイヤが太くて丈夫なので、多少の段差はものともせず走行することができますし、一般的な自転車に比べて安全面での機能が高いです。

中には通勤や通学でMTBを使っているという人もいるほど、街中での走行にも向いてます。それでは、簡単にMTBについて説明したところで、続いて競技の種類やMTBの種類、練習場所などを紹介していきます。

MTBの意外と知らない種目を詳しく解説

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事