1. マウンテンバイクの意外と知らない種目を詳しく解説

マウンテンバイクの意外と知らない種目を詳しく解説

マウンテンバイクの意外と知らない種目を詳しく解説

目次

MTBで実際に行われている大会や競技はどんなものがあるかご存知ですか?
MTBのレースは世界各地で開催されていて、レースの種類も豊富にあります。特に大きな世界的ビッグレースとしては、世界中を巡りながらレースに参加してポイントを獲得していく「UCI マウンテンバイク・ワールドカップ」や1年に1回の世界チャンピオンを決定する「UCI 世界選手権大会」があります。国内でも、年間のチャンピオンと世界選手権への出場権をかけた「全日本代表選手権大会」など100レース以上が行われており、場合によっては3000人以上が参加する大会もあります。
特に、MTBの大会の特徴としては、初級・中級・上級など、自分のレベルに合わせて参加するカテゴリーを選ぶことができることがあります。また、怪我がしやすいスポーツ故に、医療体制も整えられていたり、コース環境が整えられているため、安心して参加することができることが近年の競技者人口の増加に繋がってきています。
では、実際に大会で行われている競技の種類と特徴はどんなものがあるのか、解説していきます!

クロスカントリー

MTB競技種目の中でもメインのうちの1つになります。基本的にはアップダウンの激しい周回コースを何周かしてそのタイムを競うという形式です。主に大会で採用されている3種目とその他の種目をそれぞれ解説していきます。

①クロスカントリー・オリンピック

一般的にクロスカントリーというと「クロスカントリー・オリンピック」のことを指します。1996年のアトランタオリンピックから正式種目になったもので、1週4〜10kmのコースを一斉にスタートし、あらかじめ設定された時間内で何周することができるのかを競います。コースの途中には2箇所以上の給水・食糧・機材補給所が設けられています。
現在ではオリンピック・ワールドカップ・世界選手権と主要なMTBの大会で採用されているクロスカントリーの中でもトップクラスに人気のある種目です。2020年の東京オリンピックでも、男女共にクロスカントリーがMTBの正式種目に選ばれています。

②クロスカントリー・エリミネーター

1週500m〜1kmに設定されたコースを、4〜6人が一斉にスタートして上位が勝ち抜けで次戦へ進むことができるトーナメント形式のレースです。
特徴としては、人口障害物をレース内に設置して良いことや180度以上に曲がりカーブがありません。
見ている人にとってもわかりやすくて、すぐ決着がつくので盛り上がる種目です。現在では世界大会やワールドカップで採用されています。

③クロスカントリー・マラソン

マラソンクロスやクロスマウンテンとも呼ばれるこの種目は、全長60〜160km(国際自転車競技連合の規定では80km以上)のコースを完走するまでのタイムを競う、世界選手権の実施種目です。2015年の世界選手権のエリートカテゴリーのトップが87kmで4時間以上かかるなど、距離によってが競技時間が8時間以上にも及ぶマラソンレースです。長時間走行するだけの体力やパワー・忍耐力が求めらます。

④クロスカントリー・ポイント・トゥ・ポイント

スタートとゴール地点の場所が違うクロスカントリー種目です。主要大会では行われていません。

⑤クロスカントリー・ショートサーキット

1周2km以下の短いコースを30〜60分走行して何周することができたかを競うレースです。

⑥クロスカントリー・チームリレー

国別対抗のレースです。世界選手権・大陸選手権でのみ行われている種目で、男子エリート・女子エリート・U23男子・男子ジュニアの4選手が1チームとなって参加します。その出走順は自由であり、ジュニア選手が混ざった珍しいレースです。

⑦クロスカントリー・ステージレース

数日間に渡って開催され、いくつかのステージに分かれています。

⑧クロスカントリー・タイムトライアル

クロスカントリー・タイムトライアルのステージ中に行われるレースの1つです。

ダウンヒル

ダウンヒルとは、山の急斜面をいかにはやく駆け下りることができるかをタイムで測ったり、複数人で走行して誰が早いかを競う競技になります。
主に夏のスキー場などで行われ、ライダーたちはリフトやゴンドラでスタート地点まで運ばれて、オフロードの山を疾走し、プロ選手の最高時速では90kmに達することもあるスピード感溢れる種目です。
大きく分けるとダウンヒルの中でも2つ(「ダウンヒル・インディヴィジュアル」「ダウンヒル・マラソン」)になりますが、どちらもオリンピックでは採用されていません。それでもワールドカップや世界選手権では主要な種目の1つとして大きな人気を誇っています。

ダウンヒル・インディヴィジュアル

一般的にダウンヒルというと「ダウンヒル・インディヴィジュアル」のことを指します。
全長1.5~3.5kmのコースを山の頂上から1人ずつ全速力で降りて行き、ゴール地点に達するまでの時間を競います。競技時間にして1人が走る時間は2~5分ほどのため、見ている観客も飽きることなく最後まで楽しむことができるレースになります。
オリンピック種目にはなっていないものの、世界選手権とワールドカップの正式種目に採用され、クロスカントリーと並ぶ人気種目です。

ダウンヒル・マラソン

ダウンヒル・インディヴィジュアルが1人ずつ競技を行うのに対して、ダウンヒル・マラソンは集団でダウンヒルを行います。大人数が1度に斜面を降りていく迫力を楽しむことができる種目です。こちらは今のところ主要大会では正式には採用されていません。

上記の2種目がMTBの主要な種目ということができるのですが、他にも小規模な大会やイベントで行われている種目をご紹介します。

エンデューロ

近年誕生した今人気急上昇中の新種目が「エンデューロ」です。
タイムトライアルが行われるエリアと一般道路を含んだ移動区間である中継エリアを使います。実際にタイムを測るエリアでは全力を発揮するのに対し、中継エリアは移動エリアなので、単純にMTBに乗ることを楽しめる競技になっています。指定時刻までにタイムトライアルエリアに移動する必要はありますが、体力に不安があるライダーが参加しやすい特徴があります。

エンデュランス

決められたコースを指定時間(2h/4h/6h)で何周することができるかを競う種目です。数名のチームで参加することも可能で、エンデューロという名称から2014年に耐久を意味するエンデュランスへと変更されました。

4X(フォークロス)

予選はショートダウンヒルコースでタイムアタックを行い、メインイベントは4人1組が一斉にスタートしてスピードを競う上位勝ち抜けのトーナメント種目です。
アップダウンが激しく、アクション性が高いので見ている観客も楽しむことができる、世界選手権の正式種目です。

オブザーブド・トライアル

足をつかずに走りきるのが難しいコースをいかに正確な操縦で走破できるかを競う種目で、減点方式で行われます。各セクションの距離は短いものの、様々な障害がレースをより難しくさせます。

デュアルスラローム

現在のUCIの公式種目ではないものの、依然高い人気を誇るのがデュアルスラロームです。
下りの斜面にほぼ平行に設置された2本のコースを2人のライダーがどちらも同時に走り、2本の競技タイムで勝敗が決定する対戦トーナメント形式の種目になります。競技時間が30秒程度と、短い時間で楽しめる競技でもあります。

以上が現在のMTBの競技として行われている種目の紹介になります。

ルールを把握しておくだけで、観客としてレースを楽しむことができるのはもちろん、自身がライダーとして活躍するイメージをすることができるのではないでしょうか。

冒頭でも述べたように、現在はレースに参加する競技人口も増えてきています。みなさんも1度参加されてみてはいかがですか?

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事