1. 将来のオリンピック選手に!子どもがスケートボードを始めるための準備

将来のオリンピック選手に!子どもがスケートボードを始めるための準備

将来のオリンピック選手に!子どもがスケートボードを始めるための準備

目次

2020年の東京オリンピックで正式種目となったスケートボード。これにより、「スケートボードでオリンピックに出場したい!」という夢を持つキッズも増えたのではないでしょうか? テレビでもスケートボードの特集や選手の紹介がされるようになり、興味を持ったというキッズもいるかと思います。子どもがやりたい!と興味を持ったら、ぜひやらせてあげたいのが親心。子どもがスケートボードを始める時の準備について解説していきます。

スケートボードを始めるためには・・・

スケートボードを始めるには、まず「スケートボード」を用意する必要があります。大人でも慣れていなければスケートボードを選ぶのにひと苦労ですが、キッズ用のスケートボードはどのように選ぶべきなのでしょうか。

まずはこのキッズ用スケートボードの選び方について見ていきましょう。

選び方① デッキ/板のサイズ

スケートボードには様々なサイズがあり、長さや幅に違いがあります。その中でも滑りに直接関係してくるのが幅です。幅を基準に長さも設定されて作られています。

キッズ用のスケートボードなので、当然大人よりサイズは小さくなります。以下のサイズはあくまで目安ではありますが、選ぶ際の参考になります。

  身長     ~125cm    125~150cm

デッキの太さ   7.2インチ以下   7.2~7.5インチ

ただし、実際はショップに足を運んで、実際に持って見るのが一番良いでしょう。最初のうちは細かいサイズの違いを実感することはほとんどありません。

選び方② 組み立て/コンプリート

基本的にスケートボードは、それぞれのパーツを購入し自分でカスタマイズして自分の理想の滑りを実現します。しかし、スケートボード初心者の方やパーツの特徴が理解できていない人は、自分で組み立てても、それが滑りに反映されるということは、ほぼありません。

そんな方におすすめなのが、すべてのパーツが組み立てられている「コンプリート」です。特にキッズ用のスケートボードはパーツごとに売っていること自体が少なく、コンプリートボードが多いです。また、コンプリートボードは、パーツをバラで購入するよりも価格を抑えることもできます。

選び方③ デッキブランドの選び方

サイズやスケートボードの仕様が分かったら購入に進みますが、お店には数多くのデッキブランドが並んでいます。海外のブランドもあれば日本のブランドもあり、どんなものが良いのか悩んでしまいがち。価格も予算を決めて購入することが大切ですが、ブランドの特徴を見極めて品質と価格ともに良いブランドを選ぶのが◎。

ここで、キッズ用のブランドとしておすすめのブランドをご紹介します。

blind(ブラインド)

グラフィックもブランドのロゴのみといった、長く使いやすいシンプルなデザインが多いことも購入しやすい魅力です

【BLIND】ブラインド Matte OG Logo 7.0 First Push Complete Skateboard MINI Neon キッズサイズ コンプリート スケートボード デッキ 板】
amazonで詳細を見る

有名デッキブランドですしサイズ展開も魅力的。キッズ用の場合専門ブランドのパーツが使用されないことが多いですが、専門ブランドのパーツを使用しており安心感があります。

almost(オルモスト)

王道の滑りよりもトリッキーなテクニックを魅せるスケーターが多く所属しています。キッズ用では、ポップでカラフルな可愛らしいデザインが多く世代問わず人気を集めているブランドです。

almost 子供
スケートボード コンプリート BLIND KIDS COMPLETE NAPPING CAVEMAN  PREMIUM BROWN 7.375" 子供用
amazonで詳細を見る

こちらもブランドの知名度が抜群で、それだけでも安心感があります。またトラックはTENSOR(テンサー)社製のパーツを使用し、高機能・高品質でより安心感があります。

>>デッキと一緒に揃えておくもの

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>