1. スノーボード おしゃれグラトリ8選!今年はこれらを覚えて今日のヒーローになろう!

スノーボード おしゃれグラトリ8選!今年はこれらを覚えて今日のヒーローになろう!

スノーボード おしゃれグラトリ8選!今年はこれらを覚えて今日のヒーローになろう!

目次

スノーボードのおしゃれグラトリ

おしゃれなグラトリをやって今日のヒーローに!

スキー場でよく見るグラトリ。その中でも”おしゃれグラトリ”と呼ばれるものの定義はいくつかありますが、個人的に言わせてもらえばグラトリを見た人が『上手い!』『格好良い!』と魅了させられるグラトリが 《おしゃれグラトリ》 です。巷でおしゃれグラトリと言われているグラトリは数多くありますが”魅せるグラトリ”なら正直どんなグラトリでもOKです!

おしゃれグラトリとは”魅せるグラトリ”

スノーボード経験者なら誰しも感じたことがあると思いますが、スキー場で滑っているときやリフトに載っているとき、ふと見渡した先で「格好いい」と思ったグラトリが魅せるグラトリ、すなわちおしゃれグラトリです。

初心者から中級者くらいまででができるグラトリ8選!

今回は僕自身ができるグラトリの中でレベル順におしゃれグラトリになりやすいものを8つ選出してみました!正直言えば僕はグラトリが得意ではないので難しいと思われるグラトリはごく一部です。ある程度経験している人なら今シーズン中に全て覚えることができるでしょう!

グラトリを魅せる場所

グラトリをやるならリフト横!

おしゃれグラトリをやるならリフト横でやりましょう!リフトに乗っているときは特にやることが無いのでスマートフォンをいじることや滑っている人を見るくらいしかありません。そういう人におしゃれグラトリを見せて優越感に浸りましょう(笑)

おしゃれに魅せるコツ

常に余裕を持ってグラトリ

同じおしゃれグラトリをやっても格好良い人となんかあまり格好良くない人に分かれます。 この差はずばり《余裕》です! 何をやっても軽く、余裕を持ってグラトリしている人はどんなに簡単なグラトリでもそれなりに魅せられます。グラトリをやる際は常に余裕を持つことを心がけましょう。

転ばない自信のあるものだけをやる

リフト横でやる場合や『おしゃれグラトリを魅せる!』と意気込んでやる場合はあまり転ばない自信のあるものだけにしましょう。どんなに上手くても転んでしまうと不恰好に見えてしまうからです。

連続でやらない

グラトリは連続で色々やらないほうがおしゃれに見えます。これは上で説明した余裕を持ってグラトリすると同じような意味なのですが、サラッとグラトリをこなすひとはとにかく格好良いんです!おしゃれグラトリを他人に見せると思ったときはグラトリ一発に魂を混めて『これくらい余裕だぜ』感を出してサラッとこなしましょう。

グラトリ初心者がおしゃれに魅せるコツは『練習中です』

グラトリ初心者でもおしゃれグラトリをすることは可能です。この場合のコツは『練習中ですよー』感を出すことです。初心者は簡単なグラトリしかできないので、その簡単なグラトリをどう魅せるかという話になります。『練習中ですよー』感を出しながらサラッとグラトリをやるとおしゃれグラトリになります。これは友人を使って実験済みです(笑)

個人的難易度順おしゃれグラトリ8選!

おしゃれグラトリになりやすいものを上からレベル順に並べました。ただしこのレベル順というのは僕個人の感覚ですので人によっては得手不得手があります。もしこの順番で覚えようと思ったときに「これできない!」というグラトリがあったら飛ばして次のグラトリに挑戦してみましょう。

バックサイドボードスライド

バックサイドボードスライドはグラトリの中でも初心者向きですぐ出来るようになるグラトリです。滑走中に自分のスタンスのままノーズプレスをし、そのままテールをトゥーサイド側に約90度シフトさせ板をロックするグラトリです。ロック後は板を戻し滑走を続けることで完成します。コツは上半身と下半身の動きをゆっくり逆向きにひねるイメージを持つと上手くいきます。

フロントサイドボードスライド

フロントサイドボードスライドは上のバックサイドボードスライドとは体のひねり方が逆になるグラトリです。滑走中にテールをヒールサイド側にシフトするので滑っている方向に背中を向ける形になります。最初は少し恐怖感が強いですが少し練習すれば慣れるので、滑走速度を調節して怖くないあたりから練習していきましょう。この2つはジブでよく使うトリックですので覚えておくといろいろ役に立ちます。

バックサイドテールスライド

バックサイドテールスライドはボードスライドとは逆にテールプレスで板を横にシフトするグラトリです。コツは手を後ろにすーっと移動させるイメージを持つと上手くいきます。このグラトリをやり始めの頃は逆エッジになりやすくトラウマを持つ人もいますが(僕)、サラッっとできるとかなりおしゃれな感じが出るグラトリですのでおすすめ!

次へ >> フロントサイドテールスライド

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事