1. スノーボード ウェアやブーツなど!板以外に必要な物

スノーボード ウェアやブーツなど!板以外に必要な物

スノーボード ウェアやブーツなど!板以外に必要な物

ゴーグル

ゴーグルは紫外線から目を守る役割があります。ゲレンデは雪の照り返しで紫外線が強く日焼けしやすい環境なので目の保護は欠かせません。また、吹雪いたときには、ゴーグルがないと目を開けて滑ることすら大変なので、その意味でもゴーグルは必需品です。ゴーグルにはレンズの色によって特徴があります。見た目だけで選ばずに、特性を知って選びましょう。色別によるゴーグルの特徴をご紹介します。

・オレンジ色のゴーグルレンズ

オレンジ色のゴーグルレンズは一般的に普及しているカラーで、どんな状況でも対応してくれるカラーです。悪天候でもしっかり視界が開けますし、晴天時においても同様に視界良好です。スノボー初心者が選択するときはオレンジ色のゴーグルレンズであるゴーグルを選ぶと間違いありません。他に、イエローやピンク系も同じような視界となります。

・ミラーやグレー系のゴーグルレンズ

ミラーレンズは正面はまるで鏡のようですが、裏から見るときちんと見える、まるでマジックミラーのようなゴーグルレンズです。通常のカラーレンズとは外見が異なり、目線が見えないのでカッコいいのですが、悪天候における視界はあまりよくありません。晴天時に特に効果を発揮するレンズです。グレー系のカラーであるゴーグルレンズも同様に悪天候やナイター時の視界は良い方ではありません。

・透明なクリアーのゴーグルレンズ

カラーによるフィルターが入っていないゴーグルレンズがクリアーレンズです。悪天候における視界は大変良いのですが、晴天時の乱反射を防げません。いつも吹雪いているようなゲレンデでは大変適したゴーグルレンズなので、天候が荒れてきた時専用に用意する方が多いです。天候の状況に応じて見やすいレンズのカラーがありますが、基本的にはオレンジかピンク系のゴーグルがあればほとんどの状況に対応できます。

スノーボード ゴーグルの選び方とは?おすすめの人気ブランドをご紹介!
>>手袋(グローブ)

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>