1. スノーボード ウェアやブーツなど!板以外に必要な物

スノーボード ウェアやブーツなど!板以外に必要な物

スノーボード ウェアやブーツなど!板以外に必要な物

ゲレンデでスノーボードを楽しむにあたり必要な道具を解説いたします。

ブーツ

ブーツには締め方によって「ヒモブーツ」「ボアブーツ」「クイックレースブーツ」の3つの種類があります。それぞれ簡単にご説明します。

ヒモブーツ

ヒモブーツは文字通りヒモでブーツを締め付けます。スニーカーと同じ要領ですね。ある程度の力がないとブーツをしっかり締められないのと、着脱に時間がかかるのが難点です。現在新品で売られている事はほとんど見ません。主に中古やレンタルで使われています。

ボアブーツ

Burton Felix Boaスノーボードブーツレディース US サイズ: 6.5 カラー: ブラック
amazonで詳細を見る

ボアブーツはヒモがワイヤーになっていて、ブーツに装着されているダイヤルを回すだけで全体を締められます。今1番メジャーなタイプで、使用している人も1番多いです。着脱に時間がかからず、女性のような力が弱い人でも簡単に紐を絞める事が可能です。一方で、部分的な締め具合の調節ができないというデメリットがあり、足首部分が緩いと感じても、その部分だけ締めたりすることはできません。しかしサイズが適切なブーツであれば十分に滑れますし、徐々に慣れて行きます。

クイックレースブーツ

DIVISION メンズ スノーボードクイックレースブーツ 1622407ライム260
amazonで詳細を見る

クイックレースブーツは、フィット感と、簡単に着脱できることを両立させたタイプです。ブーツの両サイドにヒモが付いていて、引っ張るだけでブーツを締められます。あまり力を必要としないので、ボアブーツと同様に女性のような力の弱い方でも扱いやすいブーツです。

ブーツの選び方

ブーツはスノーボードの板よりも重要とされており、買う際は必ず履いてから選んだ方が良いです。自分に合わなくて足が痛いブーツは、時間が経ってもずっと痛いので、ブーツを購入する場合はネットだけに頼らず、実際にスノーボードショップに足を運ぶことをお勧めします。

一般的には普段履いている靴のワンサイズ上が適切とされていて、かかとが浮かず、足全体が均等にフィットしてつま先を伸ばした時にギリギリ当たらない大きさが理想です。多少大きいかな?と思う場合は専用のソールを底に敷くと改善されます。逆に小さいかな?と思った場合は滑っている間に痛みを感じてしまうので気を付けて下さい。色んな方向に傾けて痛みがないか確認してから購入しましょう。

スノーボード ブーツの選び方は?初心者おすすめのブランドもご紹介!
>>バインディング

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp