1. スノーボード 18-19シーズンおすすめ!最新人気アクションカメラ10選をご紹介!

スノーボード 18-19シーズンおすすめ!最新人気アクションカメラ10選をご紹介!

スノーボード 18-19シーズンおすすめ!最新人気アクションカメラ10選をご紹介!

目次

最新のアクションカメラは凄い!

最新アクションカメラの魅力

アクションカメラの進化はすさまじく、現在最新式のアクションカメラは一昔前のデジタルビデオカメラを画質・描画速度(fps)・手振れ補正機能などすべての面で凌駕しています。画質は4K搭載は当たり前、フルハイビジョン以外は売り物にならないレベルですし、fpsも60以下じゃほとんど映さなくなってきています。今回はそんな最新式のアクションカメラの中でもおすすめできるものをピックアップしてみました!

エクストリーム系のスポーツの撮影に適している理由とは

アクションカメラがエクストリーム系と呼ばれる激しく動き回るスポーツに向いている代表的な理由を挙げてみました。

・手振れ補正機能が凄い!

アクションカメラは少し前まで手振れ補正機能が付いていないものが主流で、ジンバルスタビライザー(手振れ補正付きの自撮り棒のようなもの)で補っていましたが、最新式のアクションカメラの多くは標準装備となっています。しかも性能が素晴らしく、先日発売されたばかりの《GoPro HERO 7 BLACK》に付けられている手振れ補正機能【HyperSmooth】の補正処理は目を見張るものがあります。

・ハードに使っても耐える頑丈さ!

よほどの衝撃や環境じゃなければ耐えきれるその頑丈さもアクションカメラ向きでしょう。

どのくらい頑丈かというと、上空4000mからスカイダイビングをおこなった際、風圧で保護ケースが開いてしまい本体のみで落下しはじめたGoProが2分半後に地上の草むらへ落着。その後も平然と撮影を続け持ち主に回収されるところまで映されています。またバイクレースの最中に衝撃で保護ケースごとはずれてしまい、何台ものバイクに踏まれました映像もあります。このときも保護ケースは傷だらけになりましたが、本体自体に傷はなくその後も普通に稼動したという話があります。

さらにはうっかり溶岩の中に入ってしまったGoProが、生々しい映像を記録し続けるなどの実績すらあります。

これらはGoProのみの話ではなくほとんどのアクションカメラが同等の頑丈さを持っています。

・付けている違和感がほとんど無い軽さ!

アクションカメラは非常に軽量です。《GoPro 7 BLACK》は本体重量116gですし、SONYの《HDR-AS300》にいたっては84gという軽さ。これらは体に身につけながら撮影する《ウェアラブル(身に付ける)カメラ》として使用した際、最初こそ違和感を感じますが集中してくると身につけているのを忘れるくらいです。

最近話題に上がるアクションカメラを出している企業

GoPro

アクションカメラの世界では知らない人はいない!世界中にアクションカメラを普及させたメーカーです。

2005年に初代を発売してから現在まで進化し続け、2018年9月27日に最新式の【GoPro HERO 7】を販売開始。様々な人が検証動画をあげておりその有用性が実証されています。機能面ではSONYのアクションカメラに一歩遅れていましたが、2018年4月に発売した【GoPro Fusion CHDHZ-103-FW】は360°撮影することができるアクションカメラの開発を成功させ、機能面においても現在実質世界で最前線の企業です。

2018年現在の国内アクションカメラのシェアはGoProがぶっちぎりで、70%超を誇っていると言われています。

SONY

SONYがアクションカメラに参入したのはGoProに遅れること7年の2012年からです。しかしその登場は衝撃を与えるものでした。それはその当時に発売されていたどのアクションカメラの性能を超えていたからです。

高画質に加え小型で超軽量、しかも当時のアクションカメラには装備されていなかった手振れ補正機能まで付いていました。その性能はアクションカメラ界隈に一気に広がり、一般人の耳にもすぐ入りました。結果、当時圧倒的だったGoProのアクションカメラシェアをごっそり手に入れ、発売初期から肩を並べる売り上げを誇りました。

ニコン

もともとカメラメーカーのニコンがアクションカメラ事業に参戦したのは2016年からです。かなり遅い参戦と言わざるをえませんが、360°撮影可能なものや耐衝撃・防水効果をかなり意識したアクションカメラが特徴です。またカメラメーカーが製造するので高画質な映像が期待できるレンズも注目を集めています。

パナソニック

パナソニックのアクションカメラはとにかく軽く、専用のヘッドマウントを使用すればヘルメット等を使用しなくてもしっかり頭部で固定されます。ですが残念ながらアクションカメラ事業のほうからは撤退したらしく、一応市場に出回ってはいるのですがすでに生産自体は終了しており、現在残っている在庫分で最後のようです。

オリンパス

アクションカメラではなく《フィールドログカメラ》という名目で販売しているオリンパス。もともと水中カメラなどで高い評価を得ていたデジタルカメラのメーカーですが、より小型・軽量なアクションカメラを製造し販売ています。

リコー

カメラメーカーのリコーもアクションカメラ事業に参入しています。もともと光学機器などの製造をおこなうメーカーですから品質は高く、アクションカメラとしての機能も優秀です。

スカイエッジ

2011年に設立されたばかりの会社ですが『ワクワクする商品』を輸入・開発する企業です。主にシステム開発系の企業のようですが、現在《もっとも身近なスポーツカメラ》というコンセプトのもと、安価で高性能なアクションカメラも製造しています。

SAC

2006年に設立された企業で、主にSSDやフラッシュなどのデジタル記憶媒体の製造などをおこなっています。デジタルガジェット関連にも参入しており、ドローンやアクションカメラなどの製造もおこなっています。ある程度の性能と機能を持ったアクションカメラを驚きの価格で提供しており、今話題になっている企業です。

次へ>>最新人気アクションカメラおすすめ10選!

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事