1. スケボー オールドスクールとは?デッキやトリックの特徴など、おすすめブランドもご紹介!

スケボー オールドスクールとは?デッキやトリックの特徴など、おすすめブランドもご紹介!

スケボー オールドスクールとは?デッキやトリックの特徴など、おすすめブランドもご紹介!

今や、日本でもだいぶポピュラーな存在になってきたスケボー。渋谷や原宿を歩けば、必ずストリートファッションに身を包んだスケーター達を見かけますよね。しかし、スケボーがどこの国発祥なのか、これまでどんな歴史を歩んできたのかを知っている人は少ないですよね。そしてその歴史の中でスケートボードの形や機能もだんだんと進化を遂げてきたのです。

今回紹介する「オールドスクール」はストリートカルチャーの中で、1970年代〜90年代に生まれたカルチャーのことをさします。普段からストリートカルチャーに馴染みのある人であれば、「オールドスクール」の単語の意味がわかると思いますが、多くの人は聞いたこともないかと思います。そこで今回は、近年再び見直され始めている「オールドスクール」について、その歴史や、デッキの特徴、トリックなどからおすすめのデッキについてもご紹介していきます。

オールドスクールとは

そもそもオールドスクールとはなんでしょうか。オールドスクールを紐解いていくために、まずスケートボードの歴史から見ていきましょう。まず、スケートボードは1940年代にアメリカの西海岸で生まれたという説が非常に強いと言われています。しかし、明確に誰が発明した、またはどこが発祥といった詳しい話はほとんど分かっていません。「オールドスクール」は本来スケボー以外の分野でも使われていて、直訳すると「古風な」、「古い、渋い」などの意味があるようで、ヒップホップやファッションでも使われている言葉です。

スケボーにおける「オールドスクール」の登場は、1970年代に「サイドウォークサーフボード」と呼ばれる、サーフィンの板のような形をしているデッキが登場してきてからです。いわゆる現在スケボーのデッキにおいてオールドスクールと呼ばれているものはこの「サイドウォークサーフボード」のタイプのスケートボードのことを指していて、サーフスケートといって、サーフィンのようにスケートボードに乗るといったスタイルが70年代〜80年代にかけて流行りました。

その後、80年代後半〜90年代にかけて、トニーホークなどの伝説のスケーター達が、スケートボードで「トリック」を決めたり、町中の障害物を乗り越えたりするストリートスタイルが浸透させるとともにオールドスクールタイプのデッキの人気もだいぶ下火になりました。

しかし、2000年代に世界的に空前のサーフィンブームが起こると、オールドスクールタイプのデッキが見直されるようになり、近年再びその人気に火がついています。

>>オールドスクール デッキの特徴

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp