1. サーフィン 乗り方やその練習方法とは?やり方と上達のコツを解説

サーフィン 乗り方やその練習方法とは?やり方と上達のコツを解説

サーフィン 乗り方やその練習方法とは?やり方と上達のコツを解説

目次

サーフィンについて理解し、ボードやウエットスーツなどの必要な道具を買ったら次はいよいよ海へ出て練習しましょう!しかし初心者が海に最初にでた時、何から始めれば良いのでしょうか。まず、波のある方へ「パドリング」をして進まなければなりません。

そして、初心者が最初にぶつかる壁である「テイクオフ」が難しいです。この2つの基礎スキルを身につける前に挫折をしてしまう人が続出します。そこでここではパドリングとテイクオフを攻略していくためのコツや練習法を紹介し、基本的なサーフィンの乗り方まで解説していきます。特に正しいテイクオフのフォームを身につけることによって、その後の上達スピードが変わります。是非参考にしてみてください。

パドリング

ボードを持って海へ出たら、まずは波のある方向へ進みます。この時、ボードにお腹を乗せて手の力で漕いでいくことを「パドリング」と呼びます。
パドリングのコツは3つあります。

コツ① ボードの正しい位置に乗る

ボードの中心におへそを合わせます。ボードの中心は手で持ってみて重さのバランスが取れた、ボードの真ん中のライン上です。この位置におへそが来ている時が1番スピードが出ます。テールやノーズが沈んでいるようだと、重心は前後にずれているということになります。逆にバランスが取れていると、ボードのノーズが水面から少し出るようになります。

コツ② 姿勢

①と似ているのですが、正しい姿勢でボードに乗ります。単純にボードの中心におへそを合わせるだけではありません。胸を少し反って視線は遠くを見ます。足は肩幅ほど開いて、太ももで細かいバランスを取ることを意識します。

コツ③ 手・腕の使い方

手と腕を使ってストロークして進むのですが、この中でもいくつかポインがあります。
・手の形はリラックスして半開きの状態のまま手のひら全面で掻くように漕ぎます。
・ストロークは焦ってたくさん掻くのではなく、ゆっくり大きく掻くイメージです。
・水を掻く深さは肘の深さが最も効率よく力を伝えることができます。
・手の掻くコースは外側から内側へ向かうイメージです。内側から外側に向かって掻くときに比べて筋肉の疲労感を抑えることができます。

サーフィン パドリング上達のコツとは?!姿勢や乗る位置など解説!

テイクオフ

パドリングをして波に近づいたら次はテイクオフをしてボードの上に立ち上がります。しかし、ここがとても難しいので下記の立つまでの手順とコツを読んで試してみてください。

立つための手順

(1)手をついて状態を起こす
(2)後ろ足をボードに乗せる
(3)前足のボードに乗せる
(4)立ち上がる

この手順が基本的なテイクオフ成功への道しるべです。

コツ① 手をついて状態を起こすベストタイミングはテールが持ち上げられた時

波のポジションまで到着したら、波に押されるように一度陸の方へ体を向けます。この時、「波に押されている感覚」を意識してください。

波が迫って来て、テールが波の力で持ち上げられた瞬間が手をついて状態を起こすベストタイミングです。手はあまり前の方へつかない方が良いです。脇腹の横あたりについて、素早く体を起こしましょう。

コツ② 後ろ足は少し内側に入れた状態にする

手をついて体を起こしたら、次は後ろ足、前足の順番にボードの乗せるのですが、後ろ足を乗せた際に、膝を少し内側に入れておくと安定感が増します。この時、膝をボードにつけないことでその後の立ち上がる動作をスムーズに行う事ができるようになります

テイクオフ練習法

それでは基本的な手順を説明したところで、どうやったらテイクオフが上達するか、成功できるようになるか、具体的な練習方法をご紹介していきます。

テイクオフ練習方法〜陸上編

テイクオフの練習は、海の中で回数を重ねることだけが全てではありません。陸上で効果的な練習はすることができますし、一回ごとに転倒することがないので、短時間でも上達することが可能です。

まず砂浜に直線を引いて、その上に腹ばいになります。そのまま、「1・2・3・」のタイミングで立つ練習です。
1:手をつきます
2:立ち上がる中間姿勢(後ろ足と前足を置いて、膝を曲げた状態です)
3:立ち上がる

この時注意することは、2:中間姿勢で膝をつかないことです。ボード上でも膝をつくことはないので、陸上でも膝をつけずに中間姿勢を取りましょう。ここまでの動きを体に染み込ませるまで徹底的に練習します。その後、実際に海でボードに乗って同じ動きを素早くできるかどうか試してみましょう。

以上がテイクオフの練習方法になります。テイクオフができるようになれば、サーフィンが楽しくなりますし、ここから技の練習へと繋げていくことができます。

次へ >> サーフィン上達法

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事