1. スノーボード スロープスタイルとは?ルールや技など解説!

スノーボード スロープスタイルとは?ルールや技など解説!

スノーボード スロープスタイルとは?ルールや技など解説!

目次

スロープスタイルとは

スロープスタイル

スロープスタイルは数々のアイテムを滑り、そのすべてで採点を行い高得点を取った人が勝ちあがっていくスノーボードとフリースタイルスキーの総合滑走能力を競う競技です。2014年のソチオリンピックからオリンピック種目になったこともあり、現在ではメジャーな競技になりました。もともとはエクストリームスポーツ系の祭典【X Games】の【Winter X Games III】ではじめて採用された競技です。

スロープスタイルのアイテムの種類

スロープスタイルは数々のアイテムを滑る競技です。そのアイテムは当初はレール・ボックス・キッカーなどの種類しかありませんでしたが、現在ではそれらのアイテムをさらに進化させ複雑で高レベルなものが多くなりました。平昌オリンピック・スロープスタイルのコースで言えばもはやどう滑っていいのか分からない形のものまで出ています。具体例を出すと第3セクションのボウル状?のアイテムは結局キッカー代わりで選手も飛んでいました。

スロープスタイルの距離

スロープスタイルで滑走する距離はおおよそ600mから1000mで、その中に数回のセクションを持ちます。高低差は150m前後で短ければ短いほど急な斜面を滑ることになり、滑る選手は忙しくアイテムを越えていくことになります。セクション数は6セクション前後でまとめられており、そのセクションの中で自分にとって最善の選択をしレベルの高いトリックを出して高得点を狙います。

スロープスタイルのルール

スロープスタイルは採点方式

スロープスタイルは選手が一人2本滑り、その滑りを各セクションごとに審査し平均点で採点されます。採点は各セクションごとに1名から数名で行われ、その全ての平均点を出し、より高得点を出した選手が次のステージに進出できます。平昌オリンピックでは各セクションごとに6名の審査員を配置し、得点が一番高いものと一番低いものを切り、4名の平均点を出す方式【オーバーオールジャッジ】で採点しました。これはより公平なジャッジをするために行われる方式です。

セミファイナル・ファイナルはトーナメント方式

オリンピックやX gameなどの大きい大会では2本の滑りで決めず、セミファイナルとファイナルは予選の上位選手によるトーナメントで競い合う方法がとられる場合もあります。

スロープスタイルのアイテム

【ジブセクション】と【ジャンプセクション】

スロープスタイルは前半のジブセッションと後半のジャンプセッションに分けられています。ジブが得意な選手はジブセクションでより高難易度なトリックを繰り出し高得点を狙い、逆にワンメイクが得意な選手はジャンプセクションのキッカーなどで高得点を狙えるため選手個人の総合滑走能力が問われる競技です。なおジブセッションは必ずしもやる必要はなく、ジブに入るギャップを利用しワンメイクを出して得点を出すことも可能です。

スロープスタイルのアイテムは3種類

スロープスタイルのアイテムは大きく分けて3種類です。ですが近年の大きな大会ではアイテムの名前を言えないような変わったアイテムが出ており、必ずしもこの3種類に当てはまるわけではありません。

・レール

ジブセッションのメインになるアイテムです。レールはストレートレールのほかにキンクレール、レインボーレールなどで構成されており、それらを各選手が工夫し安定した滑りを見せます。どちらかといえばジャンプセッション前なので、転ばないように少し抑え気味にアタックする選手が多いです。

・ボックス

ボックスもジブセッションに設置されているアイテムでどちらかといえば低難易度で得点がそれほど出ないアイテムになっています。ただしトランスファーを行うなど工夫次第では高得点を狙えるため、ジブが得意な選手は全力で攻める方も居ます。

・キッカー

スロープスタイルの花形になるアイテムです。1~数種類のキッカーから選び高難易度のスピントリックに挑みます。ジャンプセクションが何度かある場合はその都度選手が選べるように何個かキッカーが準備されております。一番最後のキッカーは特に大きく設置されていることが多く、一番注目を浴びることからここに大技を持ってきてほかのアイテムは流す程度のトリックという人もいます。最近はキッカーでのスピンがどんどん高回転化する傾向にあり、それに比例してキッカーも巨大化するようになってきました。

次へ >> スロープスタイルでの技

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事