1. スノーボード ハンマーヘッドとは?乗り方や長さなど解説!

スノーボード ハンマーヘッドとは?乗り方や長さなど解説!

スノーボード ハンマーヘッドとは?乗り方や長さなど解説!

ハンマーヘッドの乗り方

踏まなくてもカービングがはじまるハンマーヘッド

カービングターンは板を踏み、有効エッジの始まりから板が雪面に食い込み、まるで雪面に線を引いたような跡が残るターンです。ハンマーヘッドは有効エッジが広く少し柔らかいためそこまで力を入れなくてもカービングが始まるような感覚を覚えます。この感覚のおかげで『板を踏まなくてもカービングがはじまる』と言われています。この特性を利用するため常に自分の加重が今どこにかかっているのか、重心はどこなのかを心がける事によって気持ちの良いカービングターンをすることができます。

ポジショニングを意識する

ハンマーヘッドで滑る際、常にポジショニングを意識する事によってキレのあるカービングターンをすることができます。カービングターンは前足に加重し、有効エッジを雪面に食い込ませることによってターンが始まり、ターンの最中に前足から後ろ足に加重移動することでズレの無いカービングターンができます。ターンの最中に自分の体の重心の位置、加重、姿勢などポジショニングがどうなっているかを意識しましょう。どれくらい力を入れ、どのタイミングでどこに重心があるといいかなどを覚えることによってハンマーヘッドを乗りこなせるようになっていきます。またハンマーヘッドは操作に繊細さを用いる板なので、細心の注意を払うよう心がけましょう。

加重移動は優しく

前後の加重移動は優しく行うように心がけましょう。上でも説明したとおりハンマーヘッドは少し柔らかめの板のため、極端な重心移動はノーズ側のエッジが雪面に食い込む恐れがあるので常に優しく乗るようにしましょう。また重心の位置も出来る限り中央を意識することによって激しい重心移動の抑制もできます。

滑る場所を考える

ハンマーヘッドで滑る際は出来る限りバーンが硬めの箇所でエッジの跡が少ない場所を滑りましょう。エッジの跡がまだ出来ていない朝一のバーンですと気持ちのいいカービングが出来ると思いますが、お昼前後になってくるとたくさんの滑った跡ができ、また少しバーンも緩くなってきます。そうすると強いエッジングを行うことができるハンマーヘッドはその特性が逆効果になり、ノーズが雪面に刺さり転倒する可能性が増大します。人の多い休日はもちろん、平日も滑る場所を意識して選ぶようにしましょう。

>>ハンマーヘッドの長さの選び方

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>