1. スノーボード ハンマーヘッドとは?乗り方や長さなど解説!

スノーボード ハンマーヘッドとは?乗り方や長さなど解説!

スノーボード ハンマーヘッドとは?乗り方や長さなど解説!

目次

ハンマーヘッドとは

18-19 MOSS SNOWBOARD モス スノーボード REVOLVER RR Ti リボルバー ダブルアール 135cm,140cm テクニカルボード カービング ハンマーヘッド キッズ ジュニア 板 (REVOLVER_RR_Ti, 135cm)
amazonで詳細を見る

ハンマーヘッドとは有効エッジの長いアルペンボード

ハンマーヘッドはもともとは雪接有効エッジを長く取るためのアルペンボードとして作られましたが、現在ではフリースタイルボードでもハンマーヘッド形状の板はあります。ですがより長い有効エッジを最大限活用するキレのあるカービングターンをするためにアルペンスタイルの人がハンマーヘッドをよく利用します。

ハンマーヘッドとラウンドノーズの違い

アルペンボードのラウンドノーズとハンマーヘッドの違いは有効エッジの長さです。広い圧雪バーンを滑るのに特化しているアルペンボードですが、ラウンドボードはカービングのスタートを意識して作られており、ノーズのみにキック(スノーボード前後の反り)を設けられていますが、ハンマーヘッドは最大限有効エッジを使用するためにノーズとテールにキックを設けていますが、その反る位置は極端に小さく、ほとんどありません。ですがこういう形状にしたおかげでラウンドノーズ以上にキレのあるカービングターンを行うことが可能になりました。

ハンマーヘッドのメリット・デメリット

ハンマーヘッド形状の板のメリットは有効エッジの広さのおかげでカービングターンの始まりが早く、軽く前足に加重をかけただけでクイックにカービングがはじまるところです。デメリットはそのクイック過ぎるカービングの始まりのおかげで、強めに前足に重心を移動し加重するとノーズが雪面に突き刺ささって前のめりになり、コース上で縦に回転する転び方をしてしまう事もあるということです。

今までラウンドノーズのアルペンボードを使ってた方のほうがこの現象が起こりやすいと言われています。これは少しの力で有効エッジを最大限使えるように板のノーズ部分が柔らかかったために起こりました。現在は少し固めのハンマーヘッドが主流になっていますが、それでも前足に加重しすぎると突き刺さるような感覚を覚えるため注意が必要です。以上のことから、今までラウンドノーズのアルペンボードを使っていた方よりも、どちらかといえばアルペンボードを使い始めた方のほうが向いている板と言えるでしょう。

>>ハンマーヘッドの乗り方

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>