1. スノーボード オーリーとは?高く飛ぶコツやおすすめの板もご紹介!

スノーボード オーリーとは?高く飛ぶコツやおすすめの板もご紹介!

スノーボード オーリーとは?高く飛ぶコツやおすすめの板もご紹介!

オーリーのやり方

オーリーは5つの動作で構成される

ネットや本などで細かく説明されていますが、オーリーはおおまかに5つの動作に分けられます。また、下に書いてるのは筆者である僕自身の主観も入っています。

1. 重心移動

滑っている最中の重心位置は中央から少しテール寄りになっています。この重心をノーズが浮くくらいテール側に寄せます。この際、体重をトゥ(つま先)側にもヒール(かかと)側にもかけないよう心がけます。どちらかに体重が乗ってしまうとオーリー中に空中で板が回転を始めてしまい、着地の際に逆エッジなどで転ぶ危険性があるためです。覚え始めの慣れていない時期は基礎を固めるためにも体重は真ん中になるよう集中しましょう。オーリーの技術に《トゥ抜け》《ヒール抜け》というものがありますが、最初はまっすぐオーリーが出来るようになりましょう。

2. 板しならせる

板のテール側に重心が移動するとノーズ側が浮き、テール側の板がしなります。

3. しならせた板の反発力を利用して飛ぶ

テール側の板が元に戻ろうとする力が働いています。この力をバネのように利用し、身体全体を使って上に跳びます。

4. 空中で板を上半身に引きつける

空中に飛びましたら両膝を上半身に引きつけ、空中で板を雪面に対して水平にします。これは【板をひきつける】と言われています。タイミングよく飛べると後ろ足が伸びきった状態で飛べますので自然と身体が小さくなっていきます。

5. 膝をバネにして優しく着地

両足でバランスよく着地します。このさい両膝をバネのようにして優しく着地するよう心がけましょう。

>>オーリーの練習方法

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>