1. スノーボード エッジとは?構造や研ぎ方・削り方などのチューンナップ方法も解説!

スノーボード エッジとは?構造や研ぎ方・削り方などのチューンナップ方法も解説!

スノーボード エッジとは?構造や研ぎ方・削り方などのチューンナップ方法も解説!

エッジの材質や構造

エッジの材質は数種類ある

エッジに使われている金属は現在は主に2種類あり、スチールとステンレスが使われています。

・スチールのエッジ

スチールのエッジは標準的なスノーボードに使われています。量販店が独自に作っている格安のスノーボードやスノーボードブランドが生産する金額的に真ん中くらいのミドルクラススノーボードに使われています。メリットは安価で加工しやすいところで、デメリットは非常に錆びやすいことです。

・ステンレスのエッジ

ステンレスのエッジは主にブランドが生産する金額が高いハイエンドのスノーボードに使用されています。メリットは錆びづらいことです。デメリットは高価なところです。

エッジの材質による違い

エッジの材質による違いは《錆びやすいか錆びづらいか》です。細かく言えばスチールのほうが材質上刃が立っているため雪面に食い込みやすいと言われています。その他にも金属の耐久性や柔軟性、硬さなどの違いはありますが一般人には分からない差です。

スノーボード構造上のエッジの必要性

エッジはスノーボードにとって必要不可欠です。ターンをする際に雪面を削るという理由以外にもエッジはスノーボードのコアを保護し、形状維持の役割もあります。

SWIX(スウィックス) スキー スノーボード チューナップ シャープナー 2×2エッジシャープナー TA3001
amazonで詳細を見る

 

>>エッジは錆びる

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>