1. スノーボード 帽子(ビーニー)のおすすめとは?選び方や人気ブランドをご紹介!

スノーボード 帽子(ビーニー)のおすすめとは?選び方や人気ブランドをご紹介!

スノーボード 帽子(ビーニー)のおすすめとは?選び方や人気ブランドをご紹介!

目次

スノーボードで忘れてはいけないアイテムの帽子。ファッション性の高いスポーツでもあるスノーボードで、ファッションアイテムの一つとして、ファッションのポイントとして、帽子を取り入れる方も少なくありません。そんな帽子ですが、多くの有名ブランドから発売され、デザインも豊富に展開されています。そこで今回は、スノーボードにぴったりな帽子について、ご紹介していきます。

スノーボードには帽子は必要?

スノーボードファッションには欠かすことのできない帽子ですが、ファッションアイテムとしてだけでなく、防寒のためにも重要な役割があります。風を切って滑るスノーボードは、顔まわりや耳が冷えやすくなります。体を冷やさないためにも防寒対策の一つとして大切アイテムなのです。

中でも暖かさを感じやすい、ニット素材の帽子を着用する方が多いですが、このニット素材の帽子、ニット帽を「ビーニー」や「ワッチ」とも呼ぶことがあります。

ビーニーやワッチは、本来はそれぞれ由来や形が異なるもので、耳当てやポンポンが付かない、シンプルなデザインのニット帽を指すことがほとんどでした。しかし今では定義も曖昧になり、ニット帽全般を表す言葉として主流になっています。

今回は、シンプルなデザインのニット帽「ビーニー」に注目して見ていきます。

ビーニーの素材とは?

雪山で行うスノーボードは、低気温の中風を切って滑ります。雪が降っていることもあるかもしれません。スピード感があるほど、顔まわりや耳周りの寒さも感じやすくなります。

スピードをつけて、アクロバティックな動きや激しい動きのスノーボードでは、丈夫な生地で脱げにくく防寒性の高い帽子が必要になります。

そこでまず、ビーニーの代表的な素材を見ていきます。

ウール

最も暖かさに期待できる天然の羊毛素材です。吸湿性が高く、繊維の中に空気が含まれていることで、外部の冷気を遮断し保温します。機能性抜群ですが、高価なものが揃います。

アクリル

ウールに近い化学繊維で、暖かさだけでなく速乾性にも期待できます。リーズナブルな価格で購入しやすいのも魅力ですが、場合によっては毛玉ができやすいものもあります。

コットン

サマーニットなどで使われる素材でもあり、ウールやアクリルに比べ通気性が良く涼しさを感じるため冬よりも春先の使用に最適です。静電気が立ちにくい特徴があります。

ナイロン/ポリエステル

どちらも樹脂を利用した化学繊維で、強度が高い上に軽くて着用しやすい素材です。ビーニーの場合には、混紡して作られていることが多いです。

麻を混紡したビーニーもあります。麻とは、天然素材で生地の丈夫さに期待できます。強度があり、吸湿性や透湿性に優れ、汗をかいても乾きやすいため快適に着用できます。

素材を混紡したり、編み方などで防寒性や伸縮性も変わり、被り心地が変わります。自分に合う素材を、確認しながら購入します。

ビーニーの種類

ビーニーには素材の違いだけでなく、形にも違いがあります。次にビーニーの形について見ていきます。

カフ

ニット帽の中でも多い、折り返しタイプのデザインです。

耳付き

耳周りの防寒のために、耳を保護する部分があるデザインです。

つば付き

キャップタイプとも言われるもので、つばが付いたデザインです。

イカビーニー

横から見るとイカの形に見えるイカビーニーは、頭頂部分がたるみ尖ったデザインです。

イスラムワッチ

イスラム教徒の方が被ることから名付けられ、長さが短く頭にフィットするデザインです。

ポンポン付き

冬の定番、ゲレンデにも多いポンポン付きは、頭頂部にポンポンが付いたデザインです。

ビーニー選びのポイント

ビーニーの素材や種類について分かったところで、選ぶ時に確認しておきたいポイントについて見ていきます。

① サイズが合っているか

当たり前のことに思うかもしれませんが、フィット感は大切です。緩いと視界の邪魔になってしまいます。いずれ伸びてしまい緩くなってしまう日が来ますが、しっかりと自分に合ったサイズを選びます。ゴーグルを装着しても違和感のないサイズであるとより良いです。

実際に着用して、サイズ感を確認することが大切です。

② 乾きやすい素材か

雪に濡れたままの帽子を被り続けると体温低下に繋がってしまうため、乾きやすい素材であることが好ましいです。耐久性があり吸水性や吸湿性が低いアクリル素材は最適ですが、汗も吸いにくいため、よく汗をかく方にとっては、快適な状態をなかなか維持できません。

混紡素材で吸水機能を備えたタイプもあります。自分に合う機能を備えた素材を確認して選びます。

③ 防寒性があるか

帽子を被る、最も重要な役割である防寒性。快適に着用できる素材はもちろん、防寒力のある素材も意識して選ぶようにします。ニット帽は編み方にもよりますが、空気が入りやすい特徴があります。裏地や裏起毛付きなど、防寒力に優れたものを選ぶことがおすすめです。

裏地付きでも、速乾性や透湿性のある素材を使用していることがほとんどなので、着用時の快適さは損なわれません。機能性や素材を確認して、選びます。

④ 耳まわりも防寒できるか

耳まわりの防寒も欠かせません。耳付きのデザインなら最適ですが、長さのあるゆったり目のデザインであれば、被る深さを調節でき耳まわりの防寒も十分にできます。また、ゴーグルをつけても窮屈感を感じずに被ることができます。さらに深く被ることで、脱げにくくなります。

ビーニーのおすすめブランド

たくさんのビーニーが発売されていますが、その中から厳選しておすすめの人気ブランドをご紹介していきます。

BURTON(バートン)

Burton(バートン) ビーニー ニット帽 DND BEANIE 3-PACK 11123103 Mood Indigo/Jade/Sangria 1SZ FITALL
amazonで詳細を見る

スノーボーダーなら持っていたい憧れのブランド、バートンのアイテム。ビーニーでバートンを取り入れてもかっこいいですね。スノーボードブランドだからこその、スノーボーダーの悩みを解消する機能を備えたモデルが展開されています。バートンならではのシンプルでクールなデザインが豊富に揃い、ファンが多くいます。

NEW ERA(ニューエラ)

ニューエラ キャップ NEW ERA リブ ビーニー Rib Beanie made with COOLMAX Fabric クールマックス ニットキャップ 帽子 / ブラック
amazonで詳細を見る

野球のブランドとイメージする方も多いかと思いますが、ストリートファッションブランドを代表するブランドであり、ヘッドウェアにも定評があります。ニューエラのビーニーは、シンプルなデザインが多いですが、ショート~ロングのサイズや形、カラーなどバリエーション豊富で、ロゴが効いたかっこいいデザインが特徴です。

NEFF(ネフ)

( ネフ NEFF ) ビーニー メンズ スノーボード NF00001 DAILY BEANIE ニット帽 男性用
amazonで詳細を見る

スケートボードやスノーボード、サーフィンを中心にヘッドウェアブランドとして誕生したストリートブランドです。スノーチームには、オリンピックにも出場した日本を代表するライダー國母和宏が所属し、注目のブランドでもあります。ポップなロゴですが、シンプルなデザイン~カラフルなデザインまで揃う豊富なラインナップです。

次へ >> VOLCOM(ボルコム)

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事