1. スノーボード 板の種類や選び方とは?初心者おすすめのブランドもご紹介!

スノーボード 板の種類や選び方とは?初心者おすすめのブランドもご紹介!

スノーボード 板の種類や選び方とは?初心者おすすめのブランドもご紹介!

板の選び方

板の種類について分かったところで、次に板の選び方を詳しく見ていきます。

① 板の硬さを確認する

・硬い板

縦にしなる硬さの「フレックス」、横にねじれる硬さの「トーション」によって、ターンやジャンプをすることができます。高速滑走でも板がバタつかず綺麗にターンすることができます。また、ビックトリックの時も反発を上手く使うことができると高さのあるトリックができます。そのため、ある程度の経験があり、脚力のある方や男性に良いとされています。

・柔らかい板

柔らかいため、高速滑走では板がバタつきやすく安定した滑りはできませんが、初心者の方や女性にとってはコントロールしやすいためおすすめです。上級者の方でも、扱いやすいことから好んで使う方もいます。初めてスノーボードに挑戦するという方は、まず雪に慣れて滑ることにも慣れる必要があるので、柔らかな板を選ぶことをおすすめします。

② 長さは、身長-15㎝

板選びの中でも重要だと言われる板の長さ。一般的には自分の身長-15㎝の長さがちょうど良いとされていますが、身長によって長さに変化をつけた方が良いとされています。

身長と板の長さの参考値

180cm前後の方・・・身長-20cm

170cm前後の方・・・身長-15cm

150cm前後の方・・・身長-10cm

この長さを基準として、自分のやりたいスタイルや目指すスタイルに合わせて調整していきます。

・基準より長め

スピードを追求したいという方は、基準よりも長めの板にします。そうすることで、板の重量が重くなり安定した大きなターンを可能にし、高速滑走も板がバタつかず安定します。

・基準より短め

ジブなど回すトリックを追求したいという方は、短めに設定します。板の重量が軽くなり、扱いやすくなります。ノーズとテールが短くなるため、トリックのきっかけ作りも楽になります。

③ 長さの次に重要な、幅も確認

スタイルを追求していくために長さが重要なのですが、同じように幅も重要になります。主に、「ノーズ幅」「ウエスト幅」「テール幅」がありますが、一般的に板の幅はウエスト幅を指します。

・幅が狭い

板の幅が狭く細いとターンに切れ味が出て、鋭いターンを魅せることができます。

・幅が広い

安定感のあるライディングができ、パークライディングに向いているとされています。

さらにワイドモデルもあり、通常よりも広い幅の板もあります。足が大きくブーツがビンディングに装着した時に板から出てしまう場合には、このワイドモデルもチェックしてみます。

>>おすすめブランド

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>