1. マウンテンバイク ディスクブレーキとは?その基礎知識をご紹介!

マウンテンバイク ディスクブレーキとは?その基礎知識をご紹介!

マウンテンバイク ディスクブレーキとは?その基礎知識をご紹介!

ディスクブレーキのデメリット

主流になってきたディスクブレーキですが、良い点もあれば悪い点もあり、どちらを考慮するかはその人の走るスタイルによります。

  1. メンテナンスが面倒
  2. コストがかさむ
  3. ブレーキコントロールが難しい

1. メンテナンスが面倒

ディスクブレーキのメンテナンスやパーツの交換は専門知識や専用の工具が必要です。

ハイドリックブレーキ(油圧式)とメカニカルブレーキ(機会式)のパーツは相互性がなく、交換をするとなると一式交換になります。またリムブレーキのマウンテンバイクをディスクブレーキに変えることもブレーキマウントというブレーキを取り付ける部分の構造が違うので基本的にはできません。

マウンテンバイクだからと言ってすべてのマウンテンバイクにディスクブレーキがつくのかというとそうではありません。マウンテンバイクには様々な規格があり、この規格に適合していないとせっかく買ってきたパーツがつかないということもあり得ますので注意が必要です。

自信がない人はプロショップに任せることをおすすめします。

2. コストがかさむ

専門知識や専用の工具のなく、メンテナンスやパーツ交換を行うスキルがない場合はプロショップにお願いすると思います。その際にはメンテナンス費用やパーツ代と工賃がかかりますのである程度の簡単なセルフメンテナンスできるとコストは抑えることができます。

また、リムブレーキのようにホイールが摩耗して、ホイール交換を考えるとディスクブレーキはホイールの摩耗が少ないので交換頻度が減り、高価なホイールも長く使えるので使用しているパーツによってトータルのコストを考えると一概にもディスクブレーキがコストがかかるとも言えません。

リムブレーキのマウンテンバイクにはブレーキを取り付ける部分のブレーキマウントの構造が違うため基本的には取り付けることができませんので、もし、リムブレーキのマウンテンバイクをディスクブレーキ化するなら、フレーム、フォーク、ホイール、ブレーキ一式と交換になり、高額なコストがかかります。その際にはディスクブレーキ搭載のマウンテンバイクに乗り換えた方が安くすむと思います。

3. ブレーキコントロールが難しい

軽い力で大きな制動力を得ることができるハイドリックブレーキのブレーキコントロールはある程度のなれが必要になります。制動力が強いということは急ブレーキなどの際に強くブレーキをかけてしまった時に転倒したり、集団走行時に後ろから追突される危険性があります。ブレーキコントロールはある程度マウンテンバイクに乗ることで身についてきますので最初うちはあまり無理をしないで慣れることが重要です。

>>関連記事はこちら

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>