1. これからがおもしろい! 春スノーボーディングの魅力

これからがおもしろい! 春スノーボーディングの魅力

これからがおもしろい! 春スノーボーディングの魅力

春スノーボーディングの魅力

春スノーボーディングの魅力といえば、やっぱり晴天率が高いこと。ハイシーズンではコンディションがすぐれず楽しめなかったゲレンデも春になれば青空の下楽しむことができます。また、春先はゲレンデでのイベントも多く開催されるので、コンテストやファンイベントに参加して新たな仲間を見つけるのもおすすめ。午前中滑り尽くして、お昼からはビールを飲みながらゆっくりと。そんな楽しみ方も春ならでは。自分なりの春スノーボーディングを楽しみましょう。

晴天だからこそパークスキルに磨きを

一部のゲレンデの中には、春パークとして専用のパークレイアウトを用意しているゲレンデもあります。晴天だから、ハイクアップで何度も繰り返しの練習も容易。また、気温も高いので、ウエアを脱いでカジュアルなファッションで楽しむのもあり。シーズン終盤に繰り返し練習して新しいトリックが習得できれば、翌シーズンはもっと楽しめる状況になるはず。晴天で過ごしやすい春だからこそトリックの習得やレベルアップに磨きをかけましょう。

春ならではのシャバ雪を楽しむ

気温が高くなり、緩くなったシャバ雪。この季節だからこそ楽しめるシャバ雪は、パウダーとはまた違った形の楽しみ方ができます。ただし、緩くなっている斜面でカービングを深く攻めすぎると予想外に食い込みすぎて転倒してしまうケースもあります。ライディングしながら雪質を見極めながら楽しみましょう。

地形ライドを楽しむのは春だからこそ

春になると雪が溶けて、ハイシーズンには現れていなかった地形が出ていたりもします。また、同じゲレンデでも時期が変わればその模様は様変わりします。ちょっとしたきっかけがあればジャンプできるし、壁の形も変化しているはずです。地形を見極めながら遊ぶと、フリーライディングのスキルは上達していきます。春だからこそゲレンデの隅々まで遊び尽くしてみましょう。ただし、一点だけ注意を。春になると雪が溶けて石や木の枝、その他予想していないもので板が傷ついてしまうことも。ギリギリを攻めすぎると雪がないところに突っ込んでしまい、思わぬケガに繋がることもあります。雪の状況をみつつ楽しむのがおすすめです。

>>春シーズンに気をつけたいギアメンテナンス

この記事のライター/カメラマン

広告掲載についてはこちら >>